花嫁必見!結婚式の「ウエディングドレス」と「お色直し」の意味とは?

公開日: : 生活, 雑学

「ウエディングドレス」純白のドレスを着て結婚式を挙げる。
女性なら誰もが憧れるシーンですよね・・・

華やかな式を挙げ、お色直しで鮮やかな色ドレスを着る。一生に一度の事ですし、
女性ならあれやこれやと、こだわったドレス選びに余念がないのではないでしょうか。

結婚式は女性が主役と言っても過言ではないイベントで、女性が何着もお色直しを
するのに対して、男性は一着しか着ない・・・という人が多いのではないでしょうか。

何故、結婚式には純白の衣装とお色直しにカラフルな衣装を着るのでしょうか?

「お色直し」は新婦の美しい姿を見せるためにやっていると思っていませんか?
本来「お色直し」には全く違う意味があったのです!

6月5日(火)TBSテレビ「この差って何ですか?」で『なぜ、新婦だけがお色直し
をするのか?』について放送されていましたのでご紹介したいと思います。

結婚式の衣装


現代では結婚式の衣装と言えば、

女性は、
<1着目>

  • 洋装・・・真っ白なウエディングドレス
  • 和装・・・白無垢

<2着目>

  • 洋装・・・色ドレス
  • 和装・・・色打掛

男性

  • 洋装・・・タキシード
  • 和装・・・紋付羽織袴

と、言うのが定番ですよね!

結婚式の衣装と言えば「白」というイメージというか、刷り込みと言いますか、
”こういうものだ!”と思っていて、疑問にも思わなかったのですが、何故「白い衣装」を
着るようになったのでしょうか?

白い衣装


そもそも結婚式で花嫁が白い衣装を着るようになったのは武士たちの戦乱の世の中
である室町時代からだそうです。

それまでは「花嫁衣装」には決まりはなく、「色付きの衣装」であったり、様々な衣装を
来ていたのです。

それが何故、1着目に白い衣装を着るようになったかというと、戦国時代に起きたある
問題がきっかけだったのです!

戦国時代における結婚というのは、今のように”好きな人同士が結婚する”というものでは
なく、自分の娘を敵国に嫁がせることでお互いの国同士の結びつきを強めることが
重要な
『政略結婚』が普通の世の中だったのです。

しかし、結婚で嫁いだ娘が嫁ぎ先の城の見取り図や兵力など、重要な軍事機密の
情報を
盗み親元に流す、という『スパイ行為』が横行していたのです。

せっかく話がまとまった縁談も、そんなスパイ容疑を心配した嫁ぎ先からは「うち
も情報
を盗まれるのでは・・!?」と結婚の話に乗り気ではなくなってしまうのです。

「どうすれば信用してもらえるだろうか・・!?」と花嫁側は悩んだ結果・・・

結婚式当日に花嫁は亡くなった人に着せる真っ白な「死装束」で現れたのです。
この姿に驚いた花婿に対し、花嫁の父親は「これは我が娘の覚悟です」「我が娘は
今、この時をもって死にました。」と言うのです。

つまりは全身を「白い衣装」を着ることで、
「これまでの私は一旦死にました」「実家とは縁が切れました」「スパイ行為は
致しません」という意思を表したと共に、「今の私は真っ白です」「本日より
○○家
の色に染めて下さい」という意味も込められているのです。

色付きの衣装


こうして真っさらな状態で嫁いできたきた花嫁を「白い衣装」から「色のついた衣装」
着替えさせることによって「あなたの家の色に染まりました」という気持ちを表し
いるのだそうです。

こうした風習が今では「お色直し」という行為で残っているのです。
花婿がお色直しをしないのは「迎える側」であって、着替える必要がないからなのですね。

まとめ


いかがでしたか?

1着目の「白い衣装」には

  • 「今までの自分は死に、実家との縁を切った」
  • 「スパイ行為など不利益になる行為はしません」
  • 「今の私は真っ白、あなたの家の色に染めて下さい」

2着目の「色のついた衣装(お色直し)」には

  • 「あなたの家(嫁ぎ先)の色に染まりました」

という、花嫁の覚悟を表す衣装だったのです!

昔の人は結婚するにも、今では考えられないような苦労もたくさんあったのでしょうね・・
今は好きな人と結ばれ、暮らすことが出来る平和な世の中になり、とても幸せですね!

しかし、「お色直し」の本来の意味から言うと、衣装は
1着目は花嫁が選ぶ。
2着目は花婿が選ぶ。

が正しいのかもしれませんね!
だって、「あなたの家の色に染めて下さい」なのですから、花婿さんの好きな衣装を
着せるのが正しいですよね・・・(;^_^A

是非、勇気のある花婿さんは「お色直し」の本来の意味を花嫁さんに教えてあげて、
2着目の衣装を選んであげてみて下さい(笑)

Sponsored Link



関連記事

必見!ブラックボードマーカーの「書けない」「インク漏れ」からの大復活方法!!

最近のカフェやレストラン、店舗の看板などにブラックボードでおしゃれにカラフルに メニューやお知らせ

記事を読む

食べたら危険!家庭菜園アノの野菜に潜む猛毒 ”世界仰天ニュース”

最近では自給自足を兼ねた趣味の一環として、家庭菜園をしている方が多く いらっしゃいますよね。 自

記事を読む

必見!その考えはもう古い!?昔と今で大きく変わった「防災常識」

昨今、色々な自然災害が起こり、各地に被害が出ているニュースを聞くことも多い ですよね。 猛暑

記事を読む

手元にあるかも!?金額以上の価値がある昭和と平成のプレミア硬貨ベスト5

普段使っている硬貨には時に製造過程の途中でずれて刻印されてしまったり、 穴が開いていなかったりする

記事を読む

普通の醤油と特選醤油の違いは○○成分量の違いだった!

醤油と一口に言っても今は様々な種類の醤油が出ていますよね。 何を使っていいのか迷ってしまうほどです

記事を読む

『おみおつけ』と『みそ汁』の違いは?何故呼び方が違うのか

『おみおつけ』と『みそ汁』普段何気に使っていますが、何故呼び方が2つあるので しょう?

記事を読む

お盆の『盆』とは「逆さづり」のことだった!NHK「チコちゃんに叱られる」

夏になると、「お盆」のために実家に帰省し、お墓参りをしますよね。 「お盆」というのはご先祖様や亡く

記事を読む

お彼岸 墓参り仏壇に手を合わせる時の作法やしきたり ”この差って何ですか?”

日本には春と秋と『お彼岸』があり、春は3月21日頃の春分の日の前後3日の 7日間、秋は9月23日頃

記事を読む

葬儀場でのマナーご冥福?お悔み?言葉の選び方からお焼香の仕方まで

ある日突然呼ばれるお葬式、そんなにしょっちゅうある訳でもなく、マナーや お葬式での作法など、うやむ

記事を読む

「寿司」「寿し」「鮨」「鮓」どれが正しいの?それぞれの意味とは?

「お寿司」と言えば日本を代表するといっても過言ではない、日本食の一つですよね。 でも、漢字で書くと

記事を読む

Sponsored Link



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Sponsored Link



コロナウイルスを撃退!手洗い、マスク、除菌など出来る自己防衛⑤選!

今は世界規模で新型コロナウイルスと人類との戦いが続いています。 先日

日本ラグビー快進撃はユニフォームにあり!?知られざる秘密とは?

ラグビーワールドカップ2019 日本がスコットランドに28-21で勝利

手元にあるかも!?金額以上の価値がある昭和と平成のプレミア硬貨ベスト5

普段使っている硬貨には時に製造過程の途中でずれて刻印されてしまったり、

「うな丼」と「うな重」の違いは何!?~TBSこの差って何ですか?~

土用の丑の日やスタミナの付く食べ物と言ったら『鰻(うなぎ)』ですよね!

「ワイン」「ビール」「日本酒」独特な注ぎ方の理由!「この差って何ですか?」

大人になると、アルコールを嗜む機会も増えますよね。 王道なアルコ

→もっと見る

PAGE TOP ↑