馬・猪・鶏・鹿の肉には別名が!豚・牛にはないの!?きっかけは「○○令」!?

公開日: : 雑学

焼肉屋さんやお鍋屋さんなどに行くと、馬肉を「さくら」猪の肉を「ぼたん」などと
違う名前で呼ばれていますよね。他にも鶏肉を「かしわ」鹿肉を「もみじ」などと。

でも、違う名前で呼ばれるのはこの4種類で、普段私たちが多く口にしている豚・牛に
は違う名前は付いていませんよね・・・

何故、別名が付いているものと、付いていないものがあるのでしょうか?
TBSテレビ「この差って何ですか?」で放送されていましたのでご紹介したいと思います。

何故、別名が「馬・猪・鶏・鹿」はアリで「豚・牛」はナシ?


まず、「馬・猪・鶏・鹿」の4つの肉の呼び名が生まれたのは江戸時代なのです。
現在では色々な種類のお肉が食されていますが、当時は「馬・猪・鶏・鹿」のお肉は
食べられていたのですが、「豚・牛」のお肉は食べられていなかったのです!

つまり、江戸時代に食べられていたお肉にだけに別の呼び名が付けられたので、当時
食べら
れていなかった「豚・牛」には別の名は付けられていないのです。

きっかけはある出来事だった!


では何故、わざわざ食用肉に別の名前を付ける必要があったのでしょうか?

江戸時代初期、当時は味もさることながら、滋養強壮に良いという事で肉料理を出す
店が繁盛していたのです。

この時まではまだ別名は付いていません。
ところがある日突然、幕府の役人が店に来て、「店を辞めろ!!」と言ってきます。

お店の店主はいきなりの事にびっくりしますが、その理由は何と・・・

『生類憐みの令』

皆さんも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。
1685年に江戸幕府第5代将軍 徳川 綱吉(犬公方)が、動物(特に犬)が好き
すぎて極端に愛護するようになったことによって出された『生類憐みの令』です。

この発令により、”動物を殺して肉を食べる事、販売も一切禁止!!”とされて
しまったのです。

いきなり一切の営業を停止された肉料理屋は途方に暮れてしまいます。
そこで考えた肉料理屋は次々と「肉料理屋」→「薬屋」に変更していくのです。

何故、「薬屋」に変更していったのかというと、江戸時代の薬屋では滋養強壮に
効くという事で、「猪肉」などの獣の肉が売られていたのです。
薬屋で売られている肉まで禁じると、人々の健康に多大な影響があるということで、
薬屋での肉の販売は幕府に黙認されていたのです。

そのため、「肉料理屋」→「薬屋」にお店を変えて通常のように営業する人が
多く現れたのです。
そんな彼らが幕府に目を付けられないように、肉の事を隠語で呼ぶようになったのです。
表向きの薬屋がばれないように肉の名前を別の名で呼ぶようになったのですね!

名前の由来は


それぞれの名前の由来はというと、

<馬>・・・・『さくら』

生肉の色が”桜色”であることから

<猪>・・・・『ぼたん』

●並べた肉が”牡丹”に似ていることから

<鶏>・・・・『かしわ』

●鶏が”枯れた柏の葉”に似ていることから

<鹿>・・・・『もみじ』

”花札に鹿と紅葉”が描かれていることから

まとめ


いかがでしたか?

肉の呼び名が違うのは江戸時代に出された『生類憐みの令』によって営業を停止
された肉料理屋がその後も営業を続けるために、薬屋を隠れ蓑にして目を付けられ
ない
ようにするための隠語だったのです。

お店で頼むときにさりげなく別名で注文できたりすると、粋でかっこいいですよね!
さらにその名前が付いた意味などを知っていたらもっとかっこいいですよね!
是非、覚えて頂けたらと思います。

Sponsored Link



関連記事

五月五日は端午の節句 柏餅に緑と茶色の葉っぱが2種類あるのは何故?

五月五日は端午の節句、子供の日ですね。 子供の日には鯉のぼりや鎧兜を飾り、柏餅を食べるなど色々な

記事を読む

40代以上にはショック!?現代日本から消えゆく物ランキング15位

5月9日(水)フジテレビ「ホンマでっか!TV 」で放送されていました。 『現代ニッポンから消えゆく

記事を読む

お彼岸に『ぼたもち』や『おはぎ』を食べる理由、名前が違う訳とは

日本には春と秋にお彼岸があり、お墓参りに行きますよね。 その際にお供えものとして、『ぼたもち』や『

記事を読む

シワシワになりにくい!ミニトマトの長期保存方法の仕方

サラダやお弁当の色どりに欠かせないミニトマト。 1日2日で食べきってしまうのなら何も問題はないので

記事を読む

下半身デブの原因は『浮き指』!劇的改善方法は1日5分アレするだけ!

女性であれば誰しも体型に悩みはありませんか?女性に限らず、男性でも気にして いる人は少なからずいる

記事を読む

栄養がたくさん詰まってる!白菜の「黒いブツブツ」は『ポリフェノール』だった!

寒くなってくると、必然的に温かいお鍋など食べたくなりますよね・・・ お鍋と言えば、『白菜』は欠かせ

記事を読む

『着物』と『呉服』は別の物!同じ意味で使われるようになったのは勘違いからだった!

日本と言えば、『着物』の国ですが、現在で普段から着物を着たり、触れたりする 機会のある方と言えば、

記事を読む

必見!その考えはもう古い!?昔と今で大きく変わった「防災常識」

昨今、色々な自然災害が起こり、各地に被害が出ているニュースを聞くことも多い ですよね。 猛暑

記事を読む

「うな丼」と「うな重」の違いは何!?~TBSこの差って何ですか?~

土用の丑の日やスタミナの付く食べ物と言ったら『鰻(うなぎ)』ですよね! あの甘辛いタレ

記事を読む

お正月に揚げる「たこ揚げ」元々は「いかのぼり」だった!いつから「たこ」に?

空に飛ばす『たこ揚げ』。一度くらいは揚げてみたことありますか? 最近ではあまり見かけないですが、何

記事を読む

Sponsored Link



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Sponsored Link



日本ラグビー快進撃はユニフォームにあり!?知られざる秘密とは?

ラグビーワールドカップ2019 日本がスコットランドに28-21で勝利

手元にあるかも!?金額以上の価値がある昭和と平成のプレミア硬貨ベスト5

普段使っている硬貨には時に製造過程の途中でずれて刻印されてしまったり、

「うな丼」と「うな重」の違いは何!?~TBSこの差って何ですか?~

土用の丑の日やスタミナの付く食べ物と言ったら『鰻(うなぎ)』ですよね!

「ワイン」「ビール」「日本酒」独特な注ぎ方の理由!「この差って何ですか?」

大人になると、アルコールを嗜む機会も増えますよね。 王道なアルコ

必見!ブラックボードマーカーの「書けない」「インク漏れ」からの大復活方法!!

最近のカフェやレストラン、店舗の看板などにブラックボードでおしゃれにカ

→もっと見る

PAGE TOP ↑