知ってた?「ビスケット」と「クッキー」を分ける2つの条件とは?

公開日: : 料理, 雑学

お菓子売り場などに行くと、様々な「焼き菓子」の種類がありますよね。
その中には『ビスケット』と書いてあるものと、『クッキー』と書てあるものがあると
思いますが、同じ「焼き菓子」なのに何故、呼び方が違うのでしょうか?

『ビスケット』と『クッキー』の差について、TBSテレビ「この差って何ですか?」
で放送されていましたのでご紹介したいと思います。

『ビスケット』と『クッキー』の違いは?


『ビスケット』も『クッキー』も材料は同じものを使っているのです。
アメリカでは焼き菓子は全て『クッキー』と呼びます。
しかし、イギリスなどのヨーロッパでは『ビスケット』と呼ぶのです。

では何故、日本では『ビスケット』と『クッキー』の両方が使われているのでしょう。
2つとも同じものなのだから、”気分によって使い分けている”なんて風に思っては
いないですよね・・・(;^_^A

もちろんそんな訳はなくて・・・
きちんと明確な差があるのです!

まず、『ビスケット』とは・・・焼き菓子の総称なのです。
そして、『クッキー』とは・・・ビスケットの中の一つ。ビスケットの中である一定
の条件を満たしているものを『クッキー』と呼んでも良いというルールがあるのです!

条件とは


『クッキー』と呼ぶための条件とは

  1. 糖分と脂肪分の合計が40%以上のもの
  2. 外観の違い。手作り風の外観を要する。つまり、見た目が手作りっぽいかどうか

この2つの条件を満たしたものが『クッキー』と呼ばれるのです。
見た目が手作り風って・・・(;^_^Aと思いますよね。
確かに言われてみると、ビスケットは均一な形状のもので、クッキーは手作りのように
不揃いなイメージはありますよね。

では何故、『ビスケット』と『クッキー』に分ける必要があったのでしょうか?
それは『ビスケット』と『クッキー』が日本に伝わった経緯を知ると良くわかるのです。

『ビスケット』が伝わったのは?


この2つのうち先に日本へ伝わったのは『ビスケット』の方なのです。
『ビスケット』は安土桃山時代にカステラやこんぺい糖などと一緒にポルトガルから
日本へ伝わったものなのです。

幕末になり、柴田方庵(ほうあん)という医者が故郷の水戸藩にビスケットの作り方
を伝えたことが全国に広まるきっかけになったそうです。
当時は保存食として作られており、バターや砂糖は入っておらず、原材料は小麦粉、
塩、水だけで甘くなくものすごく硬いものだったそうです。

大正時代になると、森永製菓がビスケットの製造販売を開始しますが、この時の
ビスケットも甘くなかったそうです。

『クッキー』が広まったのは?


『クッキー』はいつ頃からかというと、1914年の大正時代泉 園子(そのこ)さん
という方がいたのです。敬虔なクリスチャンだった園子さんがある日、夫と教会を
訪れた所、アメリカ人の宣教師夫婦がお菓子を配っていました。

アメリカ人夫婦が配っていたお菓子は、砂糖や牛乳を使った甘い味で『クッキー』
いう名前だったのです!

この甘い味のクッキーに感動した園子さんは昭和2年、自宅の前に「泉屋」の看板を
掲げ、日本初『クッキーの販売』を開始したのです。

ところが、ある問題が発生します。
甘いクッキーがあまりにも大人気になったため、その人気にあやかる為にそれまで
ビスケットを売っていた店がそのままのビスケットをクッキーとして売る店が続出
してしまったのです!

すると、甘いクッキーだと思って買ったハズが、中身は甘くないビスケットだった
ため、消費者は大混乱してしまいました。

そこで、昭和46年当時のビスケット協会会長の森永太平(たへい)が甘いイメージの
クッキーの味を統一するために、

  • 糖分と脂肪分の最低ラインを決定

当時のクッキーの見た目が不揃いの形をしたものが多かったため

  • 見た目が”手作り風”であること

という定義を作ったのです。

因みに日本初のクッキーの販売をした『泉屋』さんが代々引き継ぎ、現在の
純欧風銘菓の『泉屋東京店』なのです。

まとめ


いかがでしたか?

すでに馴染み過ぎていて『ビスケット』も『クッキー』も同じくくりにしてしまい
がちですが、こんなにも明確な差があることを知っていただけたらなと思いました。

Sponsored Link



関連記事

お彼岸 墓参り仏壇に手を合わせる時の作法やしきたり ”この差って何ですか?”

日本には春と秋と『お彼岸』があり、春は3月21日頃の春分の日の前後3日の 7日間、秋は9月23日頃

記事を読む

馬・猪・鶏・鹿の肉には別名が!豚・牛にはないの!?きっかけは「○○令」!?

焼肉屋さんやお鍋屋さんなどに行くと、馬肉を「さくら」、猪の肉を「ぼたん」などと 違う名前で呼ばれて

記事を読む

元々の花見とは『梅』だった!『桜』に変わったのはいつから?

何故か日本人は桜を見るとワクワクし、お花見がしたくなりますよね。 でも、桜の花が咲く前に梅の花や桃

記事を読む

必見!ブラックボードマーカーの「書けない」「インク漏れ」からの大復活方法!!

最近のカフェやレストラン、店舗の看板などにブラックボードでおしゃれにカラフルに メニューやお知らせ

記事を読む

寿司屋の寿司用語はどこから来た?実は寿司屋の戦略だった!?

お寿司屋さんに行くと独特な寿司用語が使われていますよね。 実際に使ってみるのはちょっと気恥ずかしい

記事を読む

「お年玉」「門松」「雑煮」など7つの正月行事の本当の意味知っていますか!?

12月に入り、賑やかなクリスマスが過ぎるとあっという間に年の瀬となり、お正月 準備に忙しくなります

記事を読む

「五・七・五」の『俳句』と『川柳』は基本ルールが違う!名付けたのはあの人

最近では第一生命保険会社の企画コンクール「サラリーマン川柳」などが有名です よね。読むとクスっとし

記事を読む

病気に「かかる」と風邪を「引く」の違い いつから使われてる?

インフルエンザや花粉症、肺炎、喘息などは「かかる」と言いますよね。 でも、風邪は「ひく」と言います

記事を読む

自宅で簡単!自家製『オリーブオイル』の作り方 一から作ってみた結果は・・

オリーブオイルと言えば、たくさんある油の種類の中でも健康にも美容にも良い とされ、日常的に使ってい

記事を読む

「お焼香」「お線香」はいつ出来た?2つの使い分けの違いとは?

「仏壇で拝む時」「お墓参り」の時はお線香を使いますよね。でもお葬式の時には 「お焼香」を使いますよ

記事を読む

Sponsored Link



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Sponsored Link



コロナウイルスを撃退!手洗い、マスク、除菌など出来る自己防衛⑤選!

今は世界規模で新型コロナウイルスと人類との戦いが続いています。 先日

日本ラグビー快進撃はユニフォームにあり!?知られざる秘密とは?

ラグビーワールドカップ2019 日本がスコットランドに28-21で勝利

手元にあるかも!?金額以上の価値がある昭和と平成のプレミア硬貨ベスト5

普段使っている硬貨には時に製造過程の途中でずれて刻印されてしまったり、

「うな丼」と「うな重」の違いは何!?~TBSこの差って何ですか?~

土用の丑の日やスタミナの付く食べ物と言ったら『鰻(うなぎ)』ですよね!

「ワイン」「ビール」「日本酒」独特な注ぎ方の理由!「この差って何ですか?」

大人になると、アルコールを嗜む機会も増えますよね。 王道なアルコ

→もっと見る

PAGE TOP ↑