国会などで全ての議員が『君』呼びされる理由。作ったのはあの人!

公開日: : 雑学

国会などでは年齢、役職、性別などに関係なく、全ての人に『君』付けで呼ばれて
いますよね。

何となく現代の敬称だと、「様」、「さん」、というのが、目上の人や不特定多数の
人に呼びかける上で失礼のない呼び方に思えますよね。

『君』というのは小さい男の子や学生などに先生が使う言葉なんてイメージがあります。

しかし、国会などでのテレビ中継などを見ると、全ての人が『君』付けで呼ばれて
いるのは何故なのでしょうか?
TBSテレビ「この差って何ですか?」で放送されていましたのでご紹介したいと思います。

いつから『君』付けで呼ばれるようになったのでしょう


敬称として『君』を使うようになったのは昔は議会が”男性ばかりだったから”と思って
いるかもしれませんが、そうではないのです。

実は、国会では議会の規則によって『君』付けで呼ぶことが決まっているのです。
「衆議院要覧」によると、

「参議院先例録」によると、

と書いてあるように、衆議院も参議院にならって敬称として『君』付けをしているのです。

では、いつから使われているのかというと・・・
明治23年に日本で初めて行われた第一回の帝国議会でもすでに『君』が議員の敬称
して使われているのです。

誰が『君』を作ったのか?


明治の国会で敬称として『君』を使うようになったのは、幕末に活躍したある人物
きっかけなのです。

その人物とは・・・「吉田 松陰」なのです!

吉田 松陰とは江戸時代末期のまだ武士や町人、農民と身分がはっきりしていた時代
「松下村塾(しょうかそんじゅく)」で若者たちに学問などを指導していた人なのです。

この松下村塾では、幕末から明治にかけて活躍し、新しい日本を築いた若者が多く
在籍しています。

  • 農民出身の伊藤 博文・・・初代内閣総理大臣
  • 下級武士の山形 有朋・・・政治家、軍人
  • 武家出身の高杉 晋作・・・長州藩士
  • 医者の久坂玄瑞・・・医者

などなど、現在でも名を残す人物たちが大勢松下村塾には在籍していたのですね。

しかし、その松下村塾ではある大きな問題があったのです。
それは、武家出身、農民出身、医者、下級武士といった様々な身分の若者たちが
集まっていました。そのため、対等な立場で議論するときも「○○殿はどう思う?」
「○○様のおっしゃる通り」というように身分の差によって、下の者が配慮すること
がしばしば見られたのです。

下の者は上の人を「様」と呼び、上の物は下の人を「殿」と呼んでいたのです。

その様子を見ていた松陰は「このままでは塾生同士が対等に議論することが出来ない。
どうしたものか?」と頭を悩ませます。

そこで、「では、敬称を統一すればどうだろう!そうすれば身分の差を意識しないで
すむのではないか」と思いつき、『君』という敬称を考えます。

何故、『君』という敬称にしたのでしょうか


しかし、身分差に関係ない新たな敬称を作るとは言っても悩みますよね。

松陰は「どんな身分の者にも共通する敬うべき人物と言えば誰だろう?」と悩み
「主君、君主 あっ!『君』だ!」
「皆『君』を付けて呼び合えば対等な立場になるし、相手に敬意も込められる」
と思いつくのです。

現在、当たり前のように使われている『君』という敬称は吉田 松陰が塾生の身分差
の意識を作らせないために使用したもの、そして松陰は大勢の塾生たちに呼びかける
時は『諸君』と呼んだのです。

その他に一人称の『僕』も松陰が流行らせたのです。

『僕(ぼく)』という字は(しもべ)とも読み、周囲に対して自分がへりくだる
という意味なのです。
松陰が自分をへりくだって言う言葉として使いだして、それが松下村塾内で流行した
のです。それが明治の世の中で段々意味が変わっていって現代のような使い方になった
のです。

何故『君』が明治の国会で使われたのか?


第一回帝国議会でもすでに『君』が使われていますが、何故明治の国会で使われた
のでしょうか?

それは、明治時代になって誕生した初代内閣総理大臣である伊藤博文です。
松下村塾出身の伊藤 博文が松下村塾で身分の上下をなくすために使っていた『君』
をそのまま使ったのです。

まとめ


いかがでしたか?

現代では『君』というと、小さい男の子や目下の者に使われるイメージですが、本来は
”上下関係にとらわれず、対等な立場で議論するため”に吉田 松陰が考え出した敬称
だったのですね!

Sponsored Link



関連記事

『出前』と『宅配』には明確な差があった!TBSテレビ「この差って何ですか?」

食べに行くのはめんどくさいけど、作るのも億劫。 誰かお客さんが来た時のおもてなしとして家で料理が食

記事を読む

誰かに言いたくてたまらなくなる!『サニーレタス』の名前の理由とは!

サラダなどに使う「レタス」。レタスにも色々とありますが、葉の先が赤い色を した『サニーレタス』。何

記事を読む

お彼岸に『ぼたもち』や『おはぎ』を食べる理由、名前が違う訳とは

日本には春と秋にお彼岸があり、お墓参りに行きますよね。 その際にお供えものとして、『ぼたもち』や『

記事を読む

『のら猫』と『どら猫』の違いとは?これはある行動の違いだった!

国民的アニメ「サザエさん」でお馴染みの歌。 「♪お魚銜えた(くわえた)どら猫~お追っかけてぇ~♪」

記事を読む

夏バテ防止!苦くないゴーヤの見分け方と栄養効果 衝撃!完熟ゴーヤとは

ゴーヤと言えば、沖縄の郷土料理で有名な「ゴーヤチャンプルー」ですよね。 しかし、初めて見た時には衝

記事を読む

「寿司」「寿し」「鮨」「鮓」どれが正しいの?それぞれの意味とは?

「お寿司」と言えば日本を代表するといっても過言ではない、日本食の一つですよね。 でも、漢字で書くと

記事を読む

病気に「かかる」と風邪を「引く」の違い いつから使われてる?

インフルエンザや花粉症、肺炎、喘息などは「かかる」と言いますよね。 でも、風邪は「ひく」と言います

記事を読む

カレンダーの大安、仏滅など六曜の縁起の良い日悪い日とは?

カレンダーに書いてある大安や仏滅などを見て、結婚式の日にちを決めたりなど しますよね。 大安、仏

記事を読む

五月五日は端午の節句 柏餅に緑と茶色の葉っぱが2種類あるのは何故?

五月五日は端午の節句、子供の日ですね。 子供の日には鯉のぼりや鎧兜を飾り、柏餅を食べるなど色々な

記事を読む

「ワイン」「ビール」「日本酒」独特な注ぎ方の理由!「この差って何ですか?」

大人になると、アルコールを嗜む機会も増えますよね。 王道なアルコールといえば・・・ 『ワイン

記事を読む

Sponsored Link



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Sponsored Link



コロナウイルスを撃退!手洗い、マスク、除菌など出来る自己防衛⑤選!

今は世界規模で新型コロナウイルスと人類との戦いが続いています。 先日

日本ラグビー快進撃はユニフォームにあり!?知られざる秘密とは?

ラグビーワールドカップ2019 日本がスコットランドに28-21で勝利

手元にあるかも!?金額以上の価値がある昭和と平成のプレミア硬貨ベスト5

普段使っている硬貨には時に製造過程の途中でずれて刻印されてしまったり、

「うな丼」と「うな重」の違いは何!?~TBSこの差って何ですか?~

土用の丑の日やスタミナの付く食べ物と言ったら『鰻(うなぎ)』ですよね!

「ワイン」「ビール」「日本酒」独特な注ぎ方の理由!「この差って何ですか?」

大人になると、アルコールを嗜む機会も増えますよね。 王道なアルコ

→もっと見る

PAGE TOP ↑