男の子の名前『次郎』『二郎』や『太郎』『一郎』の違いや順番と意味は?

公開日: : 生活, 雑学

名前と言えば、様々な意味や思いを込めて名付けることが多いのではないでしょうか。

今現代でこそ、「キラキラネーム」など当て字や国際色豊かな名前なども多く
なっていますよね。

それぞれの時代で流行りの名前があったりもするので、名前を聞く事で何となく
いつ頃の年代なのか判ることもあります。

そんな名前ですが、男の人の有名かつ名前の象徴とされるのは書類などで例題の
名前でよく使われる『太郎』が一般的ではないでしょうか?

昔はこの『郎』が付く名前が多かったですよね。

他にも『次郎』『二郎』など何となく”次男”に付ける名前という印象のある名前
”長男”には『太郎』『一郎』と付けるイメージがあります。

長男や次男といったように生まれた順に付ける事もあるのでしょうが、何故
『太郎』『一郎』『次郎』『二郎』というように2種類ずつあるのでしょうか?

この名前の違いについてTBSテレビ「この差って何ですか?」で放送されて
いましたのでご紹介したいと思います。

何故、男の子は生まれた順で名前が付けられたのか?


生まれた順で名前が付けられるようになったのは平安時代後期の武士の家での
事なのです。

その当時の武士は成人するまで「正式な名前」を付けてはもらえず、その代わりに
「通称」として武家では子供が生まれた順”三郎、四郎、五郎”のように今でいう
「通称(あだ名)」を付けていたのです。

 

当時は子供の数がとても多く誰が跡継ぎなのか家族以外の人にも分かるように
生まれた順に通称を付けたのです。

『次郎』『二郎』と『太郎』『一郎』の意味は?


『次郎』『二郎』のどちらかは”2番目に生まれた男の子”に付いた通称なのです。

それは・・・

『次郎』”2番目に生まれた男の子”に付ける通称なのです。

では、”1番目に生まれた男の子”に付ける通称はというと・・・

『太郎』なんです。

『太郎』の「太」=「丈夫に育つ」という意味があり、長男に付けられたのです。
そして、長男『太郎』の「次」の跡継ぎということで次男には『次郎』と通称が
付けられたのです。

では、『一郎』と『二郎』は何なの!?ってなりますよね。
順番で言うと、『太郎』『次郎』『三郎』~『十郎』となりますよね。

実は11番目が『一郎』12番目が『二郎』なのです!

本来、11番目なら「十一郎」、12番目なら「十二郎」になるはずですよね。
ところが、この「十」を省略したかった理由があるのです。

それは・・・

当時、時代劇などで見たこともあると思うのですが、”切腹”をするとき十字に
腹を切っていたからなのですっ!!
このことから縁起が悪いという事で「十」を省略したと言います。

・・・でも、じゃあ10番目は「十郎」なのはいいんでしょうかね??

では、13番目は??
「十」を取ったら「三郎」になってしまいますよね・・・

13番目=『又三郎』や『与三郎』と付けられたのです。
「又」=「再び」
「与」=「さらに加えて」
といった意味があり、使われたそうです。

それから江戸時代中期になると子供の数が減ったこともあり、10人以上の子供が
生まれる事もそうそうなくなり、二番目という意味もあることから『二郎』も
次男の名前に、『一郎』は長男にも使われるようになったようです。

それから『三四郎』という名前も聞いたことがありませんか?

これは何番目の名前なのかというと・・・
「三」+「四」=「七」
そう、7番目の子に付けた名前なのです。

何故、わざわざ「三四郎」としたのかと言うと、当時「七」も縁起が悪い
されていたのです。

それは・・・切腹の十字の「十」に右に伸ばした字が「七」ですよね。

その伸ばした部分が”内臓が飛び出した”ような字に見えるとの事で縁起を担ぐ
人には嫌厭されたようです。

まとめ


いかがでしたか?

子供の数が多い時代では跡継ぎ、何番目の子か分かるように生まれた順に通称
を付けていたのです。

長男には”丈夫に育つように”という意味のある『太郎』を、次男には”太郎の「次」
の子”という意味で『次郎』と付けたのです。

時代も変わり、子供の数も2~3人くらいの現代では生まれた順に名前を付ける
人もほぼいなくなりましたが、これらの名前にこんな意味があることを知って
いただけたらと思いました。

 

Sponsored Link



関連記事

梅雨の時期は危険!正しい「お米」の保存方法&「再精米」古米の復活方法

日本人は「お米」を主食としているので一年中、常に常備していますよね。 お米の保存方法はどうして

記事を読む

主婦におすすめ!S&Bのシーズニングミックス 忙しい夕飯の一品に最適

主婦の皆さんは毎食のご飯の準備大変ですよね・・・ 仕事をしている方や子育て中の方、特に夕飯時は時間

記事を読む

『なす』と『なすび』の違いが生まれた訳は!?アノ人物がきっかけだった!

紫色をした夏野菜といえば、『なす』ですよね! 焼いても、煮ても、揚げても、漬物にしても、何にしても

記事を読む

『おみおつけ』と『みそ汁』の違いは?何故呼び方が違うのか

『おみおつけ』と『みそ汁』普段何気に使っていますが、何故呼び方が2つあるので しょう?

記事を読む

喪服で仕事用の黒スーツはダメ!お葬式へ行くまでのマナー5選

大人になってくると、少しづつ出席する回数も増えてくるお葬式。 遺族や親しき人たちが故人を偲ぶ悲しみ

記事を読む

寝苦しい梅雨も夏もグッスリ睡眠!簡単に快眠出来る10の事

梅雨の時期は湿度も高くなり、体が重いような、ダルいようなという不快なカンジが したり、夜も寝苦しく

記事を読む

『あぐら』と『正座』の使い分け 正座を作ったのはあの人だった!

現在、目上の人などの前では『正座をする』というのが常識というか礼儀ですよね。 もし、目上の

記事を読む

「寿司」「寿し」「鮨」「鮓」どれが正しいの?それぞれの意味とは?

「お寿司」と言えば日本を代表するといっても過言ではない、日本食の一つですよね。 でも、漢字で書くと

記事を読む

お盆の『盆』とは「逆さづり」のことだった!NHK「チコちゃんに叱られる」

夏になると、「お盆」のために実家に帰省し、お墓参りをしますよね。 「お盆」というのはご先祖様や亡く

記事を読む

必見!その考えはもう古い!?昔と今で大きく変わった「防災常識」

昨今、色々な自然災害が起こり、各地に被害が出ているニュースを聞くことも多い ですよね。 猛暑

記事を読む

Sponsored Link



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Sponsored Link



コロナウイルスを撃退!手洗い、マスク、除菌など出来る自己防衛⑤選!

今は世界規模で新型コロナウイルスと人類との戦いが続いています。 先日

日本ラグビー快進撃はユニフォームにあり!?知られざる秘密とは?

ラグビーワールドカップ2019 日本がスコットランドに28-21で勝利

手元にあるかも!?金額以上の価値がある昭和と平成のプレミア硬貨ベスト5

普段使っている硬貨には時に製造過程の途中でずれて刻印されてしまったり、

「うな丼」と「うな重」の違いは何!?~TBSこの差って何ですか?~

土用の丑の日やスタミナの付く食べ物と言ったら『鰻(うなぎ)』ですよね!

「ワイン」「ビール」「日本酒」独特な注ぎ方の理由!「この差って何ですか?」

大人になると、アルコールを嗜む機会も増えますよね。 王道なアルコ

→もっと見る

PAGE TOP ↑