「紅葉狩り」があるのに「桜狩り」と呼ばずに「花見」になった訳

公開日: : 雑学

日本には春は「桜」秋は「紅葉」といったように四季折々の花や植物を見て楽しむ
文化がありますよね。

しかし、秋に紅葉を見に行くことを『紅葉狩り』というのに対して、春に桜を見に
行くことは『桜狩り』とは言わず、『お花見』というのは何故なのでしょうか?

TBSテレビ「この差って何ですか?」で放送されていましたのでご紹介したいと
思います。

何故、植物を見て楽しむことを『狩り』と呼ぶのでしょうか?


実は元々、桜を見る事も『お花見』ではなく『桜狩り』と言っていたのです!

『紅葉狩り』『桜狩り』も平安時代に生まれた言葉で、そもそも『○○狩り』と
いうのは「イノシシ狩り」や「キノコ狩り」という言葉があるように、
『○○狩り』=”山に入って何かを取ってくる”という意味があります。

平安時代の貴族たちは季節になると山に入り、紅葉や桜の枝を折って持って帰っ
てきて観賞したり、髪に飾ったり、着物の帯に差して飾ったりとオシャレをして
楽しんだのです。

つまりは、山に入って紅葉や桜の枝を折って採ってきていた事から『紅葉狩り』
『桜狩り』の『狩り』という言葉が付けられたのです。

では何故、『桜狩り』という言葉は消えたのでしょうか?


実は平安時代に起きたある出来事がキッカケで『桜狩り』という言葉が消滅した
のです。

それは・・・平安時代初期、貴族の間で春になると山へ入り、桜の枝を採ってくる
『桜狩り』が大ブームとなります。

ところが当時、御所で暮らしていた仁明天皇は安全上、滅多に外出する事が許さ
れなかったため『桜狩り』に行くことが出来なかったのです。
そのため、天皇は貴族が採ってきた桜を御所で見る事しか出来ません。

天皇は「一度でいいから山に生えている桜の木が見てみたい・・」と思うのです。

そんな中、834年のある日、清水寺へ出掛けた時に偶然にも近くの山に生えている
桜の木を初めて見た天皇はあまりの桜の美しさに感動し、それまで御所にあった
の木をすべて抜き、山から桜の木を抜いてきて御所の庭へ植え替えさせたのです。

関連記事:元々の花見とは『梅』だった!『桜』に変わったのはいつから?

すると、貴族たちも真似して桜を自分の庭へ植えるようになっていったのです。

これにより、自分の庭で桜が見られるようになったので、桜を見るためにわざわざ
山に入って『桜狩りする必要がなくなってしまったのです!

そのため『桜狩り』という言葉は徐々に使われなくなり、今では『花見』という
言葉だけが残るようになったのです。

一方紅葉はたくさんの木々が密集して色づく美しさが魅力だったため、山に見に
行く『紅葉狩り』の習慣は残り、現在でも使われているのです。

まとめ


いかがでしたか?

『○○狩り』というのは”山に入って何かを採ってくる”という意味だったのです。
平安時代では紅葉も桜も山に入って狩るものだったのですね。

何故、紅葉は『紅葉狩り』と呼ぶのか不思議に思う方もいるかと思いますので
少しでも役に立てればと思いました。

Sponsored Link



関連記事

振袖と留袖の違いは?独身女性が振袖を着るようになった訳は恋愛感情?

日本の伝統的な服装といえば、着物ですよね。 今では普段から着物を着ている人はほとんど見かけなく、結

記事を読む

料理を作る所は『台所』『お勝手』言葉の違いは元々別の意味があった!

料理を作る場所の事を『キッチン』『台所』などと呼ぶことが多いのではないの でしょうか?

記事を読む

「お年玉」「門松」「雑煮」など7つの正月行事の本当の意味知っていますか!?

12月に入り、賑やかなクリスマスが過ぎるとあっという間に年の瀬となり、お正月 準備に忙しくなります

記事を読む

40代以上にはショック!?現代日本から消えゆく物ランキング15位

5月9日(水)フジテレビ「ホンマでっか!TV 」で放送されていました。 『現代ニッポンから消えゆく

記事を読む

祝日と祭日の違い?現在、祭日がなくなった理由にはアメリカが関係してた!

土曜日、日曜日以外のお休みの事を『祝日』や『祭日』、又は一緒にして『祝祭日』 なんて言いますよね。

記事を読む

『おみおつけ』と『みそ汁』の違いは?何故呼び方が違うのか

『おみおつけ』と『みそ汁』普段何気に使っていますが、何故呼び方が2つあるので しょう?

記事を読む

病気に「かかる」と風邪を「引く」の違い いつから使われてる?

インフルエンザや花粉症、肺炎、喘息などは「かかる」と言いますよね。 でも、風邪は「ひく」と言います

記事を読む

お彼岸 墓参り仏壇に手を合わせる時の作法やしきたり ”この差って何ですか?”

日本には春と秋と『お彼岸』があり、春は3月21日頃の春分の日の前後3日の 7日間、秋は9月23日頃

記事を読む

『着物』と『呉服』は別の物!同じ意味で使われるようになったのは勘違いからだった!

日本と言えば、『着物』の国ですが、現在で普段から着物を着たり、触れたりする 機会のある方と言えば、

記事を読む

必見!その考えはもう古い!?昔と今で大きく変わった「防災常識」

昨今、色々な自然災害が起こり、各地に被害が出ているニュースを聞くことも多い ですよね。 猛暑

記事を読む

Sponsored Link



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Sponsored Link



コロナウイルスを撃退!手洗い、マスク、除菌など出来る自己防衛⑤選!

今は世界規模で新型コロナウイルスと人類との戦いが続いています。 先日

日本ラグビー快進撃はユニフォームにあり!?知られざる秘密とは?

ラグビーワールドカップ2019 日本がスコットランドに28-21で勝利

手元にあるかも!?金額以上の価値がある昭和と平成のプレミア硬貨ベスト5

普段使っている硬貨には時に製造過程の途中でずれて刻印されてしまったり、

「うな丼」と「うな重」の違いは何!?~TBSこの差って何ですか?~

土用の丑の日やスタミナの付く食べ物と言ったら『鰻(うなぎ)』ですよね!

「ワイン」「ビール」「日本酒」独特な注ぎ方の理由!「この差って何ですか?」

大人になると、アルコールを嗜む機会も増えますよね。 王道なアルコ

→もっと見る

PAGE TOP ↑