幸福の象徴『おかめ』と『おたふく』のモデルは別々の女性だった!

公開日: : 雑学

日本で『おかめ』『おたふく』と言えば、ふっくらとした昔の日本のふくよか
女性で幸せの象徴と言われていますよね。

納豆でお馴染みの『おかめ納豆』やソースでお馴染みの『おたふくソース』
知らない人はいないのでは!?というほど、日常的な食品のキャラクターにも
なっています。

しかし、『おかめ』『おたふく』もイラストなどを見ると、どちらも同じような
ふっくらとした女性の顔が出てきますが、この2つの違いは何なのでしょうか?

 

TBSテレビ「この差って何ですか?」で放送されていましたのでご紹介したいと
思います。

日本人であるなら、誰に教わったわけでもないのに『おかめ』や『おたふく』と
言われたらこんなお面やイラストを思い浮かべるのではないでしょうか?

思い浮かべはするけど、『おかめ』と『おたふく』って何!?

と思う方もいるのではないでしょうか。
実は、この『おかめ』と『おたふく』はどちらも

  • 夫婦円満
  • 子孫繁栄
  • 商売繁盛

といった「幸福の象徴」として使われることが多いのです。

そして『おかめ』と『おたふく』は同じ人物と思われている方がいるかもしれま
せんが実は全く別の女性で、それぞれが全く反対の波乱万丈な人生を送り、後に
幸福の象徴と呼ばれるようになったのです。

『おかめ』とは


歴史的に先に登場したのは『おかめ』のモデルとなった女性なのです。

時は鎌倉時代初期、京都に「長井飛騨守高次(ながいひだのかみたかつぐ)」
いう名大工がいました。
そんな高次にある日、大きな仕事の依頼がきたのです!

その依頼とは・・
約800年前に創建され、今でもそのまま残っている京都最古の木造建築である
国宝【千本釈迦堂】の建築だったのです!

ところが・・・高次は大きなミスをしてしまったのです!!

替えのきかない4本の支柱の内の1本を予定より短く切ってしまったのです!
(名大工の割には初歩的なミスですよね・・・(;^_^A)

もう替えの木はなく、”どうしたらいいのか・・”と幾日も悩み、どんどんやつれて
いった高次。
すると、そんな様子を見かねた高次の妻がある助言をしたのです。

”旦那様、他の3本も同じ長さにすればいいのでは・・・”
(助言も何も・・思いつきそうな事なんですけどね・・(;^_^A))

その助言をした妻というのが『阿亀(おかめ)』だったのです!

そして、阿亀の助言のおかげで無事にお堂は建てられたのです。
しかし!お堂が建ったお祝いをしているめでたい時に大事件が起きたのです!!

何と、妻の阿亀が自殺をしてしまったのです!!

何故かというと・・・
鎌倉時代・・・この時代では女性が男性の仕事に口を出すなど言語道断の時代
だったのです。

しかも、”夫の一世一代の大仕事に妻が助言をしたことが知れたら夫の恥になる”
と考えた阿亀は全てを秘密にしようと自ら命を絶ったのです!

つまり阿亀は夫の名誉を命を懸けて守った→【究極の内助の功】だったのです!

(今では考えられない事ですよね・・・逆に訳も分からず自殺してしまうほうが、
夫の恥になってしまうような気もしなくないですが・・・)

阿亀の死を悲しんだ高次は阿亀に似せた面を千本釈迦堂の本堂に飾り、阿亀の
冥福を祈ったと言われています。

こうして『おかめ』は【究極の内助の功】として知れ渡るのです。
そして、高次と阿亀は理想の夫婦像、夫婦円満の守り神として広まり、やがて
幸福の象徴になっていったのです。

そして現在、千本釈迦堂の境内には「おかめ塚」が祀ってあるのです。

『おたふく』とは


おたふくのモデルは江戸時代に京都にいた『お福』という女性なのです。

彼女はとても貧しい家に生まれ育ったのですが、お福にある幸せな出来事
起こった事で幸福の象徴となったのです。

その幸せな出来事というのは・・・

ある日、京都の町を歩いていたお福は偶然すれ違った男性に声を掛けられた
です。
その男性とは・・・福助人形で有名な『叶福助(かのうふくすけ)』だったの
です!
(叶福助とは・・江戸時代に呉服屋を営んでいた大金持ち)

その福助がお福に”あなたに一目惚れしました!私と結婚して下さい!”とプロポー
したのです!

お福は”はい。お引き受けいたします”と言い、お福はお金持ちの福助と結婚して
貧しい生活から一転して生涯幸せに暮らしたのです。

つまり、お福は【究極の玉の輿】に乗った女性だったのです!

そして、そんなお福のシンデレラスートーリーは世間でも評判になり、
「お福に多くの福が訪れた」→「お多福(おたふく)」と呼ばれるようになった
のです。

現在でも「おたふく人形」と「福助人形」は縁起物として、2つペアで飾られる
事が多いのです。

そして、『おかめ』と『おたふく』が偶然ふくよかな顔の女性で、幸せの象徴
だったため次第に2人は混同されるようになったのです。

まとめ


いかがでしたか?

結果的には正反対の人生を送った2人ですが、『おかめ』と『おたふく』それぞれ
の女性がモデルとなり違った形での幸福の象徴として現在まで伝わっているのですね。

  • 『おかめ』・・・夫の名誉を命と引き換えに守った女性
  • 『おたふく』・・・究極の玉の輿に乗った女性

似たような2人で混同されがちですが別々の女性がモデルになっているという事を
知って頂けたらと思いました。

 

Sponsored Link



関連記事

「お焼香」「お線香」はいつ出来た?2つの使い分けの違いとは?

「仏壇で拝む時」「お墓参り」の時はお線香を使いますよね。でもお葬式の時には 「お焼香」を使いますよ

記事を読む

カレンダーの大安、仏滅など六曜の縁起の良い日悪い日とは?

カレンダーに書いてある大安や仏滅などを見て、結婚式の日にちを決めたりなど しますよね。 大安、仏

記事を読む

『万能ねぎ』と『小ねぎ』の違いとは?意外と知らない食品の違い

今はスーパーなどに行くと、一つの野菜でも色々な種類がありますよね。 そんな野菜の中で『ねぎ』にも今

記事を読む

食べたら危険!家庭菜園アノの野菜に潜む猛毒 ”世界仰天ニュース”

最近では自給自足を兼ねた趣味の一環として、家庭菜園をしている方が多く いらっしゃいますよね。 自

記事を読む

郵便マークは何故「〒」になったのか?作ったのは誰?実はダジャレだった!?

現在ではだれが見ても『〒』のマークと言えば、”郵便のマーク”だとわかりますよね。 でも、そもそも一

記事を読む

国会などで全ての議員が『君』呼びされる理由。作ったのはあの人!

国会などでは年齢、役職、性別などに関係なく、全ての人に『君』付けで呼ばれて いますよね。

記事を読む

四つ葉のクローバーいつ日本へ?何故幸せの象徴と呼ばれる?

公園や広場で生えているのを見かけると、つい四つ葉のクローバーを探してみたく なりますよね。四つ葉の

記事を読む

日本の心遣い 割り箸の形、名前には意味がある!千利休に関する割り箸も!

お弁当や食事処などで欠かせない割り箸。日常的にも良く使われていますよね。 でも、この割り箸には様々

記事を読む

馬・猪・鶏・鹿の肉には別名が!豚・牛にはないの!?きっかけは「○○令」!?

焼肉屋さんやお鍋屋さんなどに行くと、馬肉を「さくら」、猪の肉を「ぼたん」などと 違う名前で呼ばれて

記事を読む

40代以上にはショック!?現代日本から消えゆく物ランキング15位

5月9日(水)フジテレビ「ホンマでっか!TV 」で放送されていました。 『現代ニッポンから消えゆく

記事を読む

Sponsored Link



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Sponsored Link



コロナウイルスを撃退!手洗い、マスク、除菌など出来る自己防衛⑤選!

今は世界規模で新型コロナウイルスと人類との戦いが続いています。 先日

日本ラグビー快進撃はユニフォームにあり!?知られざる秘密とは?

ラグビーワールドカップ2019 日本がスコットランドに28-21で勝利

手元にあるかも!?金額以上の価値がある昭和と平成のプレミア硬貨ベスト5

普段使っている硬貨には時に製造過程の途中でずれて刻印されてしまったり、

「うな丼」と「うな重」の違いは何!?~TBSこの差って何ですか?~

土用の丑の日やスタミナの付く食べ物と言ったら『鰻(うなぎ)』ですよね!

「ワイン」「ビール」「日本酒」独特な注ぎ方の理由!「この差って何ですか?」

大人になると、アルコールを嗜む機会も増えますよね。 王道なアルコ

→もっと見る

PAGE TOP ↑