「ワイン」「ビール」「日本酒」独特な注ぎ方の理由!「この差って何ですか?」

公開日: : 生活, 雑学

大人になると、アルコールを嗜む機会も増えますよね。

王道なアルコールといえば・・・
『ワイン』『ビール』『日本酒』が挙げられるのではないでしょうか?

しかし、これらのアルコール類は種類によって注ぎ方異なりますよね!

『ワイン』なら・・・足の細いワイングラスにワインを少ししか入れません。

『ビール』なら・・・グラスになみなみと注ぎ上に泡が乗ります。

『日本酒』なら・・・熱燗ではなくそのまま飲む場合、の中にグラスを入れ、グラス
からこぼれるほど注ぎます。

これらの注ぎ方の違いは何なのでしょうか?TBS「この差って何ですか?」で放送されて
いましたのでご紹介したいと思います。

ワイン


ワインはブドウの果汁を発酵させて作ったアルコールです。

そしてワインと言えば”足が細くて入れ物がが大きいワイングラスで飲む”というのが
多くの人の認識となっているのではないでしょうか?

しかし、大きなグラスの割に入れる量はとても少なく感じてしまうかもしれませんね。
この量を少なく入れるのにもきちんとした理由があるのです。

それは、ワインは【香りを楽しむものだから】なのです。

ワインは栓を開け、空気に触れる事でさらに熟成をしていきます。
なので、大きなグラスで少しの量しか入れないのはグラスの空間に溜まった香りを
楽しむ
ためなのです。

グラスになみなみと注いでしまったら香りが外ににげてしまいますよね。なので、
少しの量を入れ、グラスをゆっくりと回し、ワインを空気に触れさせ香りと味が変化
する過程を
楽しみながら飲むために大きなグラスに少しの量のワインを注ぐのです。

ビール


ビールは色々な作り方がありますが、主に大麦の麦芽をビール酵母で発酵させて
作った
アルコールです。

ビールと言えば、グラスでもジョッキでもなみなみとグラスの縁まで注ぐのがスタイル
ですよね。

何故、縁までなみなみと注ぐのかというと、1698年にイギリスで【ビールはなみなみ
注がないといけない!】という法律が出来たからなのです!

何故、このような法律が出来たのかというと・・・
当時、イギリスの居酒屋さんでビールを販売する時に店員がわざと泡を多く入れ、
ビールの量をごまかして不正に儲けるという事件が横行したからなのです。

なのでビールを販売するときは目盛りのあるグラスを使って、目盛りよりも上に液体を
入れなければいけないという決まりが出来たのです。

この目盛りの付いたグラスは現在もヨーロッパで使われているのです。

江戸時代後期、日本にビールが伝来した際になみなみと注ぐ習慣も一緒に伝来された
ので現在でもビールはなみなみと注ぐというが一般的になっているのです。

日本酒


日本酒は米と水と麹を原料に作られた醸造酒です。

日本酒と言えば、升の中にグラスを入れてなみなみと注ぐ『升酒』、粋ですよね!
このようなお酒をこぼすようになったのは【お店の心意気を表すため】だったのです。

1920年の昭和初期頃、この時の庶民にとって日本酒はとても高価だったのです。

なので、お客さんに注ぐ時に「もっと!もっと!」と言われ、”しょうがないなぁ”と
たくさん注ぐと今度はこぼれそうになってしまいます。その時、お客さんがそばにあった
”升を受け皿にしてこぼれないようにした”のです。

それからこの店では”升を受け皿にして日本酒をなみなみと注ぐ”というスタイルが定着
したのです。

そのスタイルが評判となってやがて他の店でも真似をするようになり、競うようにグラス
からこぼすようになったのです。

いつしか、日本酒をどれだけこぼすかがお店の心意気を表すバロメーター、お店の
サービスになったのです。

まとめ


いかがでしたか?

グラスや注ぎ方に決まりがあるのは色々と理由があったのですね!
それらを踏まえたうえでアルコールを飲むと一味違うかもしれませんね!

Sponsored Link



関連記事

将棋の駒に隠された名前の秘密は?意外とファンタジーな世界だった

彗星の如く現れた藤井聡太7段の活躍により、将棋ブーム到来ですよね! 物心がついたときから将棋はあり

記事を読む

コロナウイルスを撃退!手洗い、マスク、除菌など出来る自己防衛⑤選!

今は世界規模で新型コロナウイルスと人類との戦いが続いています。 先日、とうとう日本では初めての緊急

記事を読む

必見!その考えはもう古い!?昔と今で大きく変わった「防災常識」

昨今、色々な自然災害が起こり、各地に被害が出ているニュースを聞くことも多い ですよね。 猛暑

記事を読む

梅雨時期必見!見た目では分からない食中毒の危険!菌を増やさない為には

シトシト、ジメジメ、ムシムシ、梅雨の時期になると、気分まで憂鬱になりますよね。 雨が多く、高温多湿

記事を読む

幸福の象徴『おかめ』と『おたふく』のモデルは別々の女性だった!

日本で『おかめ』と『おたふく』と言えば、ふっくらとした昔の日本のふくよか 女性で幸せの象徴と言われ

記事を読む

寿司屋の寿司用語はどこから来た?実は寿司屋の戦略だった!?

お寿司屋さんに行くと独特な寿司用語が使われていますよね。 実際に使ってみるのはちょっと気恥ずかしい

記事を読む

知ってた?「ビスケット」と「クッキー」を分ける2つの条件とは?

お菓子売り場などに行くと、様々な「焼き菓子」の種類がありますよね。 その中には『ビスケット』と書い

記事を読む

誰かに言いたくてたまらなくなる!『サニーレタス』の名前の理由とは!

サラダなどに使う「レタス」。レタスにも色々とありますが、葉の先が赤い色を した『サニーレタス』。何

記事を読む

「紅葉狩り」があるのに「桜狩り」と呼ばずに「花見」になった訳

日本には春は「桜」秋は「紅葉」といったように四季折々の花や植物を見て楽しむ 文化がありますよね。

記事を読む

「マダラ」「生ダラ」「甘塩ダラ」「銀ダラ」の違いと向いてる料理とは?

冬になると鍋に良く入れる食材として「鱈(たら)」は欠かせませんよね! スーパーの鮮魚売り場に行くと

記事を読む

Sponsored Link



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Sponsored Link



コロナウイルスを撃退!手洗い、マスク、除菌など出来る自己防衛⑤選!

今は世界規模で新型コロナウイルスと人類との戦いが続いています。 先日

日本ラグビー快進撃はユニフォームにあり!?知られざる秘密とは?

ラグビーワールドカップ2019 日本がスコットランドに28-21で勝利

手元にあるかも!?金額以上の価値がある昭和と平成のプレミア硬貨ベスト5

普段使っている硬貨には時に製造過程の途中でずれて刻印されてしまったり、

「うな丼」と「うな重」の違いは何!?~TBSこの差って何ですか?~

土用の丑の日やスタミナの付く食べ物と言ったら『鰻(うなぎ)』ですよね!

「ワイン」「ビール」「日本酒」独特な注ぎ方の理由!「この差って何ですか?」

大人になると、アルコールを嗜む機会も増えますよね。 王道なアルコ

→もっと見る

PAGE TOP ↑