「ワイン」「ビール」「日本酒」独特な注ぎ方の理由!「この差って何ですか?」

公開日: : 生活, 雑学

大人になると、アルコールを嗜む機会も増えますよね。

王道なアルコールといえば・・・
『ワイン』『ビール』『日本酒』が挙げられるのではないでしょうか?

しかし、これらのアルコール類は種類によって注ぎ方異なりますよね!

『ワイン』なら・・・足の細いワイングラスにワインを少ししか入れません。

『ビール』なら・・・グラスになみなみと注ぎ上に泡が乗ります。

『日本酒』なら・・・熱燗ではなくそのまま飲む場合、の中にグラスを入れ、グラス
からこぼれるほど注ぎます。

これらの注ぎ方の違いは何なのでしょうか?TBS「この差って何ですか?」で放送されて
いましたのでご紹介したいと思います。

ワイン


ワインはブドウの果汁を発酵させて作ったアルコールです。

そしてワインと言えば”足が細くて入れ物がが大きいワイングラスで飲む”というのが
多くの人の認識となっているのではないでしょうか?

しかし、大きなグラスの割に入れる量はとても少なく感じてしまうかもしれませんね。
この量を少なく入れるのにもきちんとした理由があるのです。

それは、ワインは【香りを楽しむものだから】なのです。

ワインは栓を開け、空気に触れる事でさらに熟成をしていきます。
なので、大きなグラスで少しの量しか入れないのはグラスの空間に溜まった香りを
楽しむ
ためなのです。

グラスになみなみと注いでしまったら香りが外ににげてしまいますよね。なので、
少しの量を入れ、グラスをゆっくりと回し、ワインを空気に触れさせ香りと味が変化
する過程を
楽しみながら飲むために大きなグラスに少しの量のワインを注ぐのです。

ビール


ビールは色々な作り方がありますが、主に大麦の麦芽をビール酵母で発酵させて
作った
アルコールです。

ビールと言えば、グラスでもジョッキでもなみなみとグラスの縁まで注ぐのがスタイル
ですよね。

何故、縁までなみなみと注ぐのかというと、1698年にイギリスで【ビールはなみなみ
注がないといけない!】という法律が出来たからなのです!

何故、このような法律が出来たのかというと・・・
当時、イギリスの居酒屋さんでビールを販売する時に店員がわざと泡を多く入れ、
ビールの量をごまかして不正に儲けるという事件が横行したからなのです。

なのでビールを販売するときは目盛りのあるグラスを使って、目盛りよりも上に液体を
入れなければいけないという決まりが出来たのです。

この目盛りの付いたグラスは現在もヨーロッパで使われているのです。

江戸時代後期、日本にビールが伝来した際になみなみと注ぐ習慣も一緒に伝来された
ので現在でもビールはなみなみと注ぐというが一般的になっているのです。

日本酒


日本酒は米と水と麹を原料に作られた醸造酒です。

日本酒と言えば、升の中にグラスを入れてなみなみと注ぐ『升酒』、粋ですよね!
このようなお酒をこぼすようになったのは【お店の心意気を表すため】だったのです。

1920年の昭和初期頃、この時の庶民にとって日本酒はとても高価だったのです。

なので、お客さんに注ぐ時に「もっと!もっと!」と言われ、”しょうがないなぁ”と
たくさん注ぐと今度はこぼれそうになってしまいます。その時、お客さんがそばにあった
”升を受け皿にしてこぼれないようにした”のです。

それからこの店では”升を受け皿にして日本酒をなみなみと注ぐ”というスタイルが定着
したのです。

そのスタイルが評判となってやがて他の店でも真似をするようになり、競うようにグラス
からこぼすようになったのです。

いつしか、日本酒をどれだけこぼすかがお店の心意気を表すバロメーター、お店の
サービスになったのです。

まとめ


いかがでしたか?

グラスや注ぎ方に決まりがあるのは色々と理由があったのですね!
それらを踏まえたうえでアルコールを飲むと一味違うかもしれませんね!

Sponsored Link



関連記事

五月五日は端午の節句 柏餅に緑と茶色の葉っぱが2種類あるのは何故?

五月五日は端午の節句、子供の日ですね。 子供の日には鯉のぼりや鎧兜を飾り、柏餅を食べるなど色々な

記事を読む

それ間違ってる!?「薄毛」の知識と最新の治療法 オススメ「パウダーワックス」

若い時には髪の毛もフサフサで、特に気にもしていなかったけれど・・・ 年を取るにつれて、だんだん毛量

記事を読む

ミニトマトとプチトマトの差は!?色による栄養効果の違いと効果的な食べ方

皆さんお馴染みのお弁当やサラダに入っている小さなトマト。 人によって「ミニトマト」や「プチトマ

記事を読む

一度食べても再生野菜 節約、美味しく良いことずくめ!

去年の悪天候のせいで野菜が不作となり、ここ最近の野菜の高騰が止まりませんよね。 キャベツ、大根

記事を読む

カレンダーの大安、仏滅など六曜の縁起の良い日悪い日とは?

カレンダーに書いてある大安や仏滅などを見て、結婚式の日にちを決めたりなど しますよね。 大安、仏

記事を読む

幸福の象徴『おかめ』と『おたふく』のモデルは別々の女性だった!

日本で『おかめ』と『おたふく』と言えば、ふっくらとした昔の日本のふくよか 女性で幸せの象徴と言われ

記事を読む

タオルのゴワゴワこれが原因だった!コツを掴んでふわふわに!

洗濯物、毎日欠かせないお仕事ですよね。 毎日使うもの、身に着けるものだからこそ、ふわふわ、いい匂い

記事を読む

寿司屋の寿司用語はどこから来た?実は寿司屋の戦略だった!?

お寿司屋さんに行くと独特な寿司用語が使われていますよね。 実際に使ってみるのはちょっと気恥ずかしい

記事を読む

ブランド深谷もやしとは。力強い食感を生かしたおススメレシピ!

リーズナブルでヘルシー、ダイエットにも家庭にも優しい『もやし』。 その『もやし』の中でも「ブラック

記事を読む

シワシワになりにくい!ミニトマトの長期保存方法の仕方

サラダやお弁当の色どりに欠かせないミニトマト。 1日2日で食べきってしまうのなら何も問題はないので

記事を読む

Sponsored Link



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Sponsored Link



コロナウイルスを撃退!手洗い、マスク、除菌など出来る自己防衛⑤選!

今は世界規模で新型コロナウイルスと人類との戦いが続いています。 先日

日本ラグビー快進撃はユニフォームにあり!?知られざる秘密とは?

ラグビーワールドカップ2019 日本がスコットランドに28-21で勝利

手元にあるかも!?金額以上の価値がある昭和と平成のプレミア硬貨ベスト5

普段使っている硬貨には時に製造過程の途中でずれて刻印されてしまったり、

「うな丼」と「うな重」の違いは何!?~TBSこの差って何ですか?~

土用の丑の日やスタミナの付く食べ物と言ったら『鰻(うなぎ)』ですよね!

「ワイン」「ビール」「日本酒」独特な注ぎ方の理由!「この差って何ですか?」

大人になると、アルコールを嗜む機会も増えますよね。 王道なアルコ

→もっと見る

PAGE TOP ↑