若年性スマホ、デジタル認知症 危険な症状、改善方法は?

公開日: : 健康

いつの間にか、スマホなどを一人一台持つような時代になっています。

確かにスマホ、パソコンなどインターネットのものが普及してとても便利になりました。
しかし、その便利の裏側に危険な症状が潜んでいることに気が付いているでしょうか?
その危険な症状とは若年性の『スマホ認知症』『デジタル認知症』と呼ばれるものです。

一日にスマホをどの位弄っていますか?
朝起きてから、夜眠るまで肌身離さず暇さえあればスマホを弄ってはいませんか?

ひと昔前では何か分からないことがあれば、辞書を調べる、人に聞く、など自分の
力と行動によって解決していたことが、今ではスマホ一つで大体の事は調べられて
しまいます。そして、人とのコミュニケーションも昔は手紙や固定電話くらいしか
ありませんでしたが、今ではスマホ一つでメールやライン、ツイッター、フェイスブック、
インスタグラムなど世界中の人とつながりが持てるようになりました。
それにより、常にスマホを弄っている若者が特に多くなっています。

スマホ、デジタル認知症による障害


これらの若者に今、ある症状が多く見られるようです。

それは『物忘れ』

今、物忘れの症状で外来に通う若者が増えているそうです。
この物忘れこそ、『スマホ認知症』『デジタル認知症』の症状とも言えます。

このように四六時中スマホを弄っていると、常にありとあらゆる情報が脳に
入りっぱなしの状態となります。すると脳は休みなく働きっぱなし、大量の情報で
オーバーヒートしてしまい脳が過労の状態になってしまいます。
しかも、便利なスマホの普及により、何でも簡単に調べ物も出来るようになり、
自分で考える必要もなくなり、脳の機能も低下していきます。
その他にも、脳が過労状態になることにより

  • 物忘れ
  • 感情がコントロールできなくなる
  • 自分らしさを失う
  • 記憶力の低下(電話番号、人の名前が覚えられない)
  • 集中力の低下
  • 注意力の低下
  • 計算力の低下

などの精神障害や記憶力障害などの症状がでます。

また、これらは本人に自覚がないまま発症し、さらに悪化することで脳が働か
なくなり認知症になる確率が高くなります。

改善方法は?


これらの症状は生活習慣を見直すことで改善することが出来ます。

  1. スマホに触らない
    一番の改善方法でしょう。いきなり全く触らないことは無理でしょうから
    なるべく使わない時間を増やしましょう。そしてやむを得ず使った後は
    ぼんやりと脳を休める時間を作りましょう。
  2. 運動をする
    体を動かしてリフレッシュするのもいいですね。運動に集中してる間は
    スマホの事も忘れられますし、適度に疲れてしっかりと休めば脳の休息
    にも効果的です。
  3. 暗算をする
    買い物などでも何か計算が必要な時、計算機を使うのではなく暗算で計算
    してみましょう。
  4. ゲームなどをする
    携帯ゲームなどではなく、トランプ、オセロ、将棋、クイズ、など頭を
    使うゲームは考えることで脳を活性化させます。
  5. 字を書く
    スマホなどに字を打ち込むことに慣れてしまい、字を書くことが少なくなって
    いませんか?字を書くことは脳に刺激も送りますし、忘れてしまった漢字
    なども戻ってきますよ。
  6. 認知症予防の食べ物を食べる
    ・抗酸化成分を含む、ポリフェノール、ビタミンC、ビタミンEの食べ物
    トマトやアボカド、玉ねぎなどが効果的です。
    ・オメガ3脂肪酸を含む、DHA、EPA、αリノレン酸の食べ物
    さば缶、まぐろトロ、亜麻仁油、チアシードなどが効果的です。

まとめ


スマホやインターネットはとても便利ですが、使い過ぎ、依存にならないように
趣味など見つけて、スマホ以外の興味を持てるものを見つけるのもいいかもしれ
ませんね。

意識的にスマホと距離を保ちつつ、『スマホ認知症』や『デジタル認知症』に
ならない生活を心掛けましょう。

Sponsored Link



関連記事

ホルモンはダイエットの味方!下処理からやってみた。

先日、知り合いからお肉を頂いたのです。 何のお肉なのかなぁ~と見てみると・・・ なっ何と!ホルモ

記事を読む

no image

思春期の臭い。予防と対策!

こんにちは! しの です。   しのの子供たちも大きくなり、思春期と呼ばれる

記事を読む

シャネルが認めたスーパーフード「マスティハ」超アンチエイジング効果

フジテレビ「世界の村のどエライさん」で放送されていた、今話題のスーパーフード 『マスティハ』につ

記事を読む

スーパードリンク「生姜緑茶」インフル予防、冷え性改善、生活習慣病抑制の効果アリ!

寒い冬の時期になると、風邪やインフルエンザ、冷え性などなど毎年のように悩ま されますよね・・・

記事を読む

肩、腰痛、ひざ痛の原因は「浮き指」だった!対策には「ひろのば体操」するべし!

年を取るとあちこちに痛みが出てくるなんてよく聞きますよね・・・ しかし、今は年配の方だけではなく若

記事を読む

no image

筋肉痛 最短で回復!ならないための対策方法

身体のあちこちが痛い!筋肉痛 普段から運動しておけばいいんだけど... やっぱり

記事を読む

大杉さんの「腹痛」は『関連痛?放散痛?』痛みの部位による症状は?

突然の訃報でホントにビックリしました。 誰もが知っている俳優、大杉漣さんの急逝はいまだに信じられま

記事を読む

糖質制限を長期間続けることによる危険性!老化がすすむ?寿命が縮まる?

2003年頃からダイエットとしてもブームになっている『糖質制限』ですが、 この糖質制限を長期間に渡

記事を読む

女性ホルモンに似た働きを持つ毎日でも食べたい神食材ベスト6

私たち女性の体には2種類の『エストロゲン』(卵胞ホルモン)『プロゲステロン』 (黄体ホルモン)と

記事を読む

不眠症の人必見!心地良い睡眠のために試してほしいこと

睡眠への価値観は人それぞれだと思いますが、 眠るのが好きな人、嫌いな人、眠りたいのに寝られない、寝

記事を読む

Sponsored Link



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Sponsored Link



コロナウイルスを撃退!手洗い、マスク、除菌など出来る自己防衛⑤選!

今は世界規模で新型コロナウイルスと人類との戦いが続いています。 先日

日本ラグビー快進撃はユニフォームにあり!?知られざる秘密とは?

ラグビーワールドカップ2019 日本がスコットランドに28-21で勝利

手元にあるかも!?金額以上の価値がある昭和と平成のプレミア硬貨ベスト5

普段使っている硬貨には時に製造過程の途中でずれて刻印されてしまったり、

「うな丼」と「うな重」の違いは何!?~TBSこの差って何ですか?~

土用の丑の日やスタミナの付く食べ物と言ったら『鰻(うなぎ)』ですよね!

「ワイン」「ビール」「日本酒」独特な注ぎ方の理由!「この差って何ですか?」

大人になると、アルコールを嗜む機会も増えますよね。 王道なアルコ

→もっと見る

PAGE TOP ↑