女性ホルモンに似た働きを持つ毎日でも食べたい神食材ベスト6

公開日: : 健康, 生活

私たち女性の体には2種類の『エストロゲン』(卵胞ホルモン)『プロゲステロン』
(黄体ホルモン)という女性ホルモンがあります。

これら2つのホルモンがバランスよく分泌されることにより、より女性らしく丸みの
ある身体に、そして女性にしか出来ない妊娠、出産することの出来る身体づくりに
なっていくのです。

しかし、この女性ホルモンの分泌量のピークは20代後半から30代前半にかけて
で、30代後半になってくると徐々に低下をしていきその後は減少を続けるのみと
なっていきます。

女性ホルモンが減少することにより、身体症状として、急に汗が出たり、熱くなる
(ホットフラッシュ)など体温調節がきかなくなったり、動悸、頭痛、めまいなど
の症状が、精神的症状としては訳も分からなくイライラしたり、鬱症状や不安感に
苛まれることなど。40代後半から50代にかけこのような症状がでることを
【更年期】と言います。

女性ホルモンが減少していくのは自然なことで女性ホルモンを増やすことは出来ない
のですが、女性ホルモンに似た働きをする食材やホルモンバランスを整える手伝い
をしてくれる食材があります。これらを上手に摂取することにより、ホルモンの
減少により起こる症状などの緩和や症状を遅らせる効果が期待できます。

では、どのような食材に含まれているのでしょうか。

女性ホルモンに似た働きをする食材


  1. 《大豆イソフラボン》

    大豆イソフラボンにはエストロゲンと同じ化学構造と働きを持つことが
    分かっています。イソフラボンにはバストアップの効果や女性らしい丸みの
    ある身体を作ったり、その他にも美肌効果やガンの予防、骨粗しょう症予防
    や悪玉コレステロールを排除する働きなどたくさんの効果があります。大豆イソフラボンのパワーの源は『エクオール』という成分。
    大豆イソフラボンが体内の腸内細菌によって変換される成分です。
    この『エクオール』はスーパーイソフラボンとも呼ばれ、体内で作れる人と
    作れない人がいるのです。日本人は2人に1人しか作れないらしく、作れな
    い人はサプリメントなどで摂取することが可能です。大豆イソフラボンを多く含む食材は
    ●納豆
    ●豆乳
    ●豆腐
    ●油揚げ
    ●きな粉
    ●味噌
    ●枝豆
    などです。
  2. 《ボロン》

    ボロンという成分は女性ホルモンのエストロゲンを活性化させる働きや血液
    中のエストロゲン濃度を高める働きがあります。更年期障害の緩和や骨粗しょう症予防、乳腺を発達させる働きもあり、
    女性に
    は嬉しいものばかりですね。ただこのボロンは熱の弱いので出来る
    なら生で
    摂取した方が効果的です。 

    ボロンを多く含む食材は
    ●キャベツ
    ●プルーン
    ●果物(梨、リンゴ、ぶどうなど)
    ●ナッツ類
    ●海藻類(わかめ、昆布など)
    などです。

  3. 《植物性エストロゲン》
    大豆イソフラボンも植物性エストロゲンの一つではありますが、その他
    にも存在し、月経前症候群の緩和や生理痛の緩和、更年期障害の緩和、
    ホルモン
    バランスを整える働きを持ちます。 

    植物性エストロゲンを持つ食材は
    ●プルーン
    ●ざくろ
    ●黒ゴマ
    ●亜麻仁油
    などです。
    特に種子の部分に多く含まれています。

  4. 《DHEA》
    DHEA(デヒドロエピアンドステロン)は体内で女性ホルモンのエストロゲン
    を作る材料となります。「ホルモンの母」「若返りホルモン」と言われ若さを
    保ち
    老化を遅らせる作用、免疫力アップ、ストレス緩和の効果があります。DHEAを持つ食材は
    ●山芋
    です。生ですりおろしトロロにして食べるといいですね。
  5. 《ビタミンE》
    ビタミンEは「若返りのビタミン」と言われ、抗酸化作用や女性ホルモンの
    分泌を
    コントロール、エストロゲンの分泌を促す効果があります。ビタミンEを多く持つ食材は
    ●かぼちゃ
    ●アボカド
    ●緑黄色野菜
    ●アーモンド
    などです。
  6. 《ビタミンB6》
    ビタミンB6はエストロゲンの代謝に関わるビタミンです。ホルモンバランス
    整える働きがあります。ビタミンB6を多く持つ食材は
    ●ニンニク
    ●ピスタチオ
    ●マグロ
    ●かつお
    ●鶏レバー
    などです。

まとめ


このように女性ホルモンを補助してくれる食材はたくさんありますが、それらを
単体だけで摂取するのではなくバランスよく食べることが大事なのです。

関連記事:女性ホルモンを増やす!?食事や生活習慣でのコントロール方法!

そのことに注意しながら生活習慣を整えバランスの良い食事を心掛けましょう。

Sponsored Link



関連記事

似てるけど何が違う?説明できますか?○○と○○似た食べ物の違い8つ

スーパーなどで買い物をしていると『本みりん』と『ほんてり(みりん風調味料)』 のように、同じ「みり

記事を読む

梅干しは栄養の宝庫 食べ方を知り更に健康効果アップ!

梅干しといえば、昔からある日本のソウルフードの一つと言っても過言ではない のではないでしょうか。

記事を読む

日本の心遣い 割り箸の形、名前には意味がある!千利休に関する割り箸も!

お弁当や食事処などで欠かせない割り箸。日常的にも良く使われていますよね。 でも、この割り箸には様々

記事を読む

緑茶と紅茶による4つの健康効果、正しく飲んでアノ病気の予防にも!

日本人の生活で習慣のように飲まれているお茶。 日常的に飲んでいる飲み物だからこそ、お茶を飲むことで

記事を読む

若年性スマホ、デジタル認知症 危険な症状、改善方法は?

いつの間にか、スマホなどを一人一台持つような時代になっています。 確かにスマホ、パソコンなどイ

記事を読む

梅雨時期必見!見た目では分からない食中毒の危険!菌を増やさない為には

シトシト、ジメジメ、ムシムシ、梅雨の時期になると、気分まで憂鬱になりますよね。 雨が多く、高温多湿

記事を読む

『きゅうり』に最強のダイエット成分が発見!食事制限なしで痩せる!!

『ダイエット』全ての女性にとっては永遠のテーマですよね・・・ でも、ダイエットって自分

記事を読む

知らなかった!こんなことでピカピカに!おすすめ5選

3月7日(水)に放送したテレビ東京「ソレダメ!~あなたの常識は非常識!?~」 (18:55~19:

記事を読む

お盆の『盆』とは「逆さづり」のことだった!NHK「チコちゃんに叱られる」

夏になると、「お盆」のために実家に帰省し、お墓参りをしますよね。 「お盆」というのはご先祖様や亡く

記事を読む

スマホの使い過ぎで脳機能低下!?『スマホ認知症』チェック!日テレスッキリ

最近”漢字が書けなくなった””やる気がわかなくなった”何て事はありませんか? 実はそれ・・・

記事を読む

Sponsored Link



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Sponsored Link



コロナウイルスを撃退!手洗い、マスク、除菌など出来る自己防衛⑤選!

今は世界規模で新型コロナウイルスと人類との戦いが続いています。 先日

日本ラグビー快進撃はユニフォームにあり!?知られざる秘密とは?

ラグビーワールドカップ2019 日本がスコットランドに28-21で勝利

手元にあるかも!?金額以上の価値がある昭和と平成のプレミア硬貨ベスト5

普段使っている硬貨には時に製造過程の途中でずれて刻印されてしまったり、

「うな丼」と「うな重」の違いは何!?~TBSこの差って何ですか?~

土用の丑の日やスタミナの付く食べ物と言ったら『鰻(うなぎ)』ですよね!

「ワイン」「ビール」「日本酒」独特な注ぎ方の理由!「この差って何ですか?」

大人になると、アルコールを嗜む機会も増えますよね。 王道なアルコ

→もっと見る

PAGE TOP ↑