葬儀場でのマナーご冥福?お悔み?言葉の選び方からお焼香の仕方まで

公開日: : 生活

ある日突然呼ばれるお葬式、そんなにしょっちゅうある訳でもなく、マナーや
お葬式での作法など、うやむやになっていることありませんか?

いざ、葬儀場まで来たはいいけれど、香典の渡し方や、数珠の事、お焼香の正しい
やり方、お辞儀のタイミングなど、つい周りを見て真似していませんでしたか?

きちんとしたマナーと意味を知り、突然のお葬式でも堂々と大人の所作で行動が
出来ると素敵ですよね。

受付での香典の渡し方


香典をそのままバックに入れたり、懐に入れて持ち歩いていませんか?
香典は袱紗に包み持ち歩くのがマナーです。

この袱紗、お葬式などの弔事だけでなく、結婚式などの慶事でも使われます。
袱紗には様々な色がありますが、基本的に慶事には暖色系、弔事には寒色系
使われます。

弔事の寒色系とは、紺、深緑、灰緑、緑、うぐいす、灰青、グレー、紫などです。

この中で唯一、紫のみが慶事にも弔事にも使える色なので、一枚用意するなら紫色
を用意すると良いでしょう。

袱紗にも種類があり、

  • 金封ふくさ・・・袋状になっているもの
  • 台付きふくさ・・・香典袋を置くための切手盆付きのふくさ
  • 爪付きふくさ・・・留めやすいように爪と留め糸が付いているふくさ

などがあります。

そして包み方にも決まりがあり、
慶事は右側が開く様に包みます。弔事は左側が開く様に包みます。

一般的には受付で挨拶をし香典を渡します。その後で芳名帳や芳名カードに記帳
します。場所によっては順序が逆な所もあるでしょうが、その時は周りに合わせま
しょう。

香典は受付の前に袱紗から取り出します。受付の前で一礼をし、お悔みの挨拶を
しましょう。

  • お悔やみを申し上げます
  • このたびはご愁傷様です

などが一般的です。
よく「ご冥福をお祈りいたします」という言葉がありますが、これは故人に対して
「亡くなった後も幸福でありますように」と言っている意味で、遺族や受付で言う
言葉ではありません。
そして、冥福という言葉はキリスト教や浄土真宗などでは使われない言葉なので、
どの宗派に対しても使われる「お悔やみ申し上げます」が一番適切でしょう。

そして、香典を両手で持ち、台付きふくさならその上に置き相手が表書きが読める
向きにして手渡します。

数珠の持ち方は


葬儀の間は数珠は出しておきます。椅子に座り読経を聞いている時などは左手首に
お焼香などで歩くときは左手で持ち、合掌する時は左手の親指と人差し指の間に
掛けその輪の中に右手を入れて合掌します。

何故、左手で持つのかというと左手が仏の世界、右手が現在の世界を指している
からと言われています。

本来、数珠とは僧侶がお念仏やお経の回数を数えるための玉なのです。
そのため仏教以外のキリスト教などでは持つ必要はありません。

数珠にも色々な種類があり、どれを持てば良いのか分からなくなりますが、数珠は
宗派ごとに種類が違うので自分の宗派に合ったものを選ぶのが良いでしょう。
また、どの宗派にも属していない場合はどこでも使える略式念珠を用意すれば
大丈夫です。

突然の葬儀などで親族で貸し借りなどする場合もあるかもしれませんが、数珠は
(念珠)とも言い、持ち主のお守りのような役割もあるため貸し借りするのは好ま
しくありません。数珠は必ずしも必要ではないため数珠なしでも構いません。

お焼香の仕方は


焼香とは、仏や死者に向けて香を焚いて拝むことを言います。 葬式や法要など
で、細かくした香を香炉に落として焚きます。 心と身体の穢れ(けがれ)を取り
除いて清浄な心でお参りするための作法で、一般的に左手に数珠を掛けて右手
焼香を行います。

引用:小さなお葬式より

お焼香の仕方、回数など良くわからずやっていませんか?
確かに宗派によっては厳密に回数などが決められている所もあるかもしれませんが、
回数は1~3回くらいで大丈夫なのです。

大事なのは故人を思い弔う心なのです。ですから、1回だけでも心を込めれはとても
尊いこと
なのだそうです。
はじめに遺族へ礼をすることが多いですがこれも厳密ではなく、まずは故人への礼が先
でも大丈夫です。そしてお焼香を終えてから遺族へ礼をすると、どちらが先でも間違い
ではありません。

「天国で安らかにお眠りください」という言葉を聞きますが、仏教には天国という概念
はなく”故人はあの世に行き、仏様になるための修行をする”という考えなので、”亡く
なったからといって眠っているヒマはないこれからが修行の始まり”ということで、
仏教では使わないようにしましょう。

仏教以外の宗派では天国という概念はあるので大丈夫です。因みに仏教では天国では
なく極楽浄土といいます。

まとめ


いかがでしたか?
色々とお作法はあるのでしょうが、お葬式はなによりも故人を思い弔う心を大事にする
のが一番大事だなと思いました。

関連記事:喪服で仕事用の黒スーツはダメ!お葬式へ行くまでのマナー5選

しかし、必要最低限の知識を持つことも大事ですよね。
少しでもお役に立てたなら何よりです。

Sponsored Link



関連記事

『着物』と『呉服』は別の物!同じ意味で使われるようになったのは勘違いからだった!

日本と言えば、『着物』の国ですが、現在で普段から着物を着たり、触れたりする 機会のある方と言えば、

記事を読む

『おみおつけ』と『みそ汁』の違いは?何故呼び方が違うのか

『おみおつけ』と『みそ汁』普段何気に使っていますが、何故呼び方が2つあるので しょう?

記事を読む

便利な文房具の知恵袋5選 消せるボールペンの文字復活方法など

文房具って日常の中で、日々使うものですよね。 今は100均などもあり、手軽に手に入るので「ダメにな

記事を読む

一度食べても再生野菜 節約、美味しく良いことずくめ!

去年の悪天候のせいで野菜が不作となり、ここ最近の野菜の高騰が止まりませんよね。 キャベツ、大根

記事を読む

【2018年】おすすめレイングッズ5選!憂鬱な梅雨を楽しく乗り切ろう!

ムシムシ、ジメジメ、梅雨はどうしても憂鬱な気分になってしまいますよね・・・ お出かけするにも雨が降

記事を読む

灯油、ガソリン、軽油、の違いと使い分けについて

寒い冬になるとストーブやヒーターが必需品ですよね。 ガソリンスタンドで灯油を買いに行く機会も増

記事を読む

必見!その考えはもう古い!?昔と今で大きく変わった「防災常識」

昨今、色々な自然災害が起こり、各地に被害が出ているニュースを聞くことも多い ですよね。 猛暑

記事を読む

肩、腰痛、ひざ痛の原因は「浮き指」だった!対策には「ひろのば体操」するべし!

年を取るとあちこちに痛みが出てくるなんてよく聞きますよね・・・ しかし、今は年配の方だけではなく若

記事を読む

梅雨の時期は危険!正しい「お米」の保存方法&「再精米」古米の復活方法

日本人は「お米」を主食としているので一年中、常に常備していますよね。 お米の保存方法はどうして

記事を読む

2019年キューピー干支マヨネーズ「いのしし」が可愛い!贈り物にも是非!

先日、新年のご挨拶として、とっても可愛いものを頂いたのです! それはキューピーちゃんでお馴染み

記事を読む

Sponsored Link



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Sponsored Link



コロナウイルスを撃退!手洗い、マスク、除菌など出来る自己防衛⑤選!

今は世界規模で新型コロナウイルスと人類との戦いが続いています。 先日

日本ラグビー快進撃はユニフォームにあり!?知られざる秘密とは?

ラグビーワールドカップ2019 日本がスコットランドに28-21で勝利

手元にあるかも!?金額以上の価値がある昭和と平成のプレミア硬貨ベスト5

普段使っている硬貨には時に製造過程の途中でずれて刻印されてしまったり、

「うな丼」と「うな重」の違いは何!?~TBSこの差って何ですか?~

土用の丑の日やスタミナの付く食べ物と言ったら『鰻(うなぎ)』ですよね!

「ワイン」「ビール」「日本酒」独特な注ぎ方の理由!「この差って何ですか?」

大人になると、アルコールを嗜む機会も増えますよね。 王道なアルコ

→もっと見る

PAGE TOP ↑