糖質制限を長期間続けることによる危険性!老化がすすむ?寿命が縮まる?

公開日: : 健康, 生活

2003年頃からダイエットとしてもブームになっている『糖質制限』ですが、
この糖質制限を長期間に渡って続けることにより、年を取ってからの外見的な老化や
皮膚の状態の悪さというものが促進されることが東北大学大学院 都築毅准教授により
発表されました。
3月19日のとくダネでも放送されました。

今なおブームの続いている『糖質制限』ですが、一体どんなことに注意しなくては
いけないのでしょうか。

糖質制限とは


人が活動していく上で必要とされている栄養素に三大栄養素というものがあります。

  • 炭水化物・・・ご飯やパン、麺など主食とされるもの。エネルギー源。
  • たんぱく質・・・肉、魚、卵、納豆など。筋肉や血液などになる。
  • 脂質・・・油、バターなど。体の細胞膜やホルモンの材料など。

これらをバランス良く成人一日の摂取量は1800㎉と言われています。
この内、炭水化物からの摂取量は50%~65%(900~1170㎉)だそうです。
一日の参考メニューはこちらです。

ちょっと物足りない感じですよね・・・

糖質制限とはこの中の炭水化物を摂取しないで食事をすることです。
白米やパンなどの炭水化物を制限することにより、足りないエネルギーをたんぱく質や
脂質で補います。すると、”短期間で内臓脂肪を減らすことが出来る”などダイエットと
しても効果があるということで人気になっていますよね。
これは短期間であれば、安全性を保証されているのです。

老化が促進?寿命が縮まる?


都築准教授たちは3月17日に日本農芸化学会で初めて研究結果を発表しています。

どんな実験をしたのかというと、

  • A、通常の餌で飼育(日本食に近い炭水化物中心の割合)
  • B、高脂肪食で飼育(洋食に近い炭水化物を減らし脂質を増やした割合)
  • C、糖質制限食で飼育(炭水化物をかなり減らして脂質とたんぱく質を増やし
    人の食事の主食を抜いたイメージ

期間:A~Cの3種類のマウス(各20匹)に約1年間指定の餌を与えた。
年齢:人に換算すると幼児から80歳程度までのマウス

という実験をし、その結果は
B、で老化の進行が15%ほど速い結果となり、
C、の老化の進行が30%速い結果となりました。

マウスの毛艶の良し悪しでわかりますね。

この長期間というのは人でいうと、30~40年続けた結果のことだそうです。
ですので今ダイエットブームということで10代、20代から糖質制限を続けると
60代になってから見た目の皮膚の老化の進行、学習能力の低下(認知症の症状)、
脳の酸化、ストレスの増加という老化の促進が見られることがわかったのです。

糖質制限で注意すること


知識のない人が糖質制限をすると極端に偏った食事になってしまい、一日に必要な
栄養が全然取れなく、エネルギーが足りなくて思考回路も回らなくなってしまう
などということが起こります。

糖質制限をすることで炭水化物の摂取量が少なくなり、たんぱく質、脂質の量が
増えると、たんぱく質の過剰摂取となり、心血管疾患発症率に相関関係があり、
心臓発作、脳卒中などの増加の可能性が高まります。
それと、人で5年以上糖質制限を続けると死亡率が高まる可能性があることも
わかっています。

都築准教授による長期間の糖質制限の注意点は

  1. 高齢者は”糖質制限”はやめるべき
    高齢者は若い人より老化などの原因となる異常たんぱく質が細胞内に溜ま
    やすい。それを抑える糖質をしっかり取るのが必要。
  2. 和食中心の生活を心掛けるのが重要
    日本を長寿国に導いたのは栄養的にバランスの優れた日本食。
  3. ”糖質制限”をしている人は専門家に相談
    必要な食材を取り、かつエネルギー不足にならないよう専門家のアドバ
    イス
    が必要。

まとめ


いかがでしたか?
内臓脂肪などを落とすにはきちんと期間を決め、専門家のアドバイスのもと行うの
はとても効果的ということがわかりましたね。

”炭水化物を抜けば痩せられる”という安易な考えで糖質制限を続けることの危険性
を分かって頂けたら嬉しいなと思いました。

綺麗になりたいがために努力していることで老化を促進していたら元も子もない
ですものね。
どうせ頑張るなら正しい知識の元、綺麗になる努力をしましょう。

Sponsored Link



関連記事

日本人の常識!仏壇と神棚の差 置き方祀り方供え物知っていますか?

日本人であるなら大抵の人が一年間の行事ごとや日々の生活の中で自宅あるいは よその家の『仏壇』や『神

記事を読む

男の子の名前『次郎』『二郎』や『太郎』『一郎』の違いや順番と意味は?

名前と言えば、様々な意味や思いを込めて名付けることが多いのではないでしょうか。 今現代でこそ、

記事を読む

日本の心遣い 割り箸の形、名前には意味がある!千利休に関する割り箸も!

お弁当や食事処などで欠かせない割り箸。日常的にも良く使われていますよね。 でも、この割り箸には様々

記事を読む

緑茶と紅茶による4つの健康効果、正しく飲んでアノ病気の予防にも!

日本人の生活で習慣のように飲まれているお茶。 日常的に飲んでいる飲み物だからこそ、お茶を飲むことで

記事を読む

栃木の苺は日本一!とちおとめ、スカイベリー、とっておきの白い苺

年が明け、1月の後半ごろから苺のシーズンとなってきますね。 3月25日NHKの「うまいっ!」で栃木

記事を読む

no image

インフルエンザ予防!ビタミンDで免疫バランスUP!

こんにちは! しのです。   インフルエンザ...  

記事を読む

高血圧予防!お酢+○○やタイミングによる効率的な健康効果の得方

これだけ健康志向の方が多くなっている世の中ですから、”『お酢』が体に良い”と いう事は誰もが知って

記事を読む

食べたら危険!家庭菜園アノの野菜に潜む猛毒 ”世界仰天ニュース”

最近では自給自足を兼ねた趣味の一環として、家庭菜園をしている方が多く いらっしゃいますよね。 自

記事を読む

「だるい、動けない、疲れる」その原因は『貧血』かも!?ほっておくと大変な事に

一般的に『貧血』と聞くと「血が足りない」「低血圧」などや女性がなるイメージ、 立ち眩み、などとい

記事を読む

『着物』と『呉服』は別の物!同じ意味で使われるようになったのは勘違いからだった!

日本と言えば、『着物』の国ですが、現在で普段から着物を着たり、触れたりする 機会のある方と言えば、

記事を読む

Sponsored Link



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Sponsored Link



日本ラグビー快進撃はユニフォームにあり!?知られざる秘密とは?

ラグビーワールドカップ2019 日本がスコットランドに28-21で勝利

手元にあるかも!?金額以上の価値がある昭和と平成のプレミア硬貨ベスト5

普段使っている硬貨には時に製造過程の途中でずれて刻印されてしまったり、

「うな丼」と「うな重」の違いは何!?~TBSこの差って何ですか?~

土用の丑の日やスタミナの付く食べ物と言ったら『鰻(うなぎ)』ですよね!

「ワイン」「ビール」「日本酒」独特な注ぎ方の理由!「この差って何ですか?」

大人になると、アルコールを嗜む機会も増えますよね。 王道なアルコ

必見!ブラックボードマーカーの「書けない」「インク漏れ」からの大復活方法!!

最近のカフェやレストラン、店舗の看板などにブラックボードでおしゃれにカ

→もっと見る

PAGE TOP ↑