病気に「かかる」と風邪を「引く」の違い いつから使われてる?

公開日: : 雑学

インフルエンザや花粉症、肺炎、喘息などは「かかる」と言いますよね。
でも、風邪は「ひく」と言います。この、「かかる」と「ひく」の違いは何でしょうか?

医学の世界では


「かかる」は漢字で「罹る」と書きます。この意味は「病気になる」という意味なのです。
しかし、「風邪を引く」というのはもともと病気ではなく、熱やせき、鼻水の状態の事で
”体調が悪くなること”を指しているのだそうです。

ところが余りにも「風邪を引く」という人が多かったので、明治時代になると『かぜ症候群』
という病気の扱いになったそうです。
でも、なぜ体調が悪くなることを「風邪をひく」と言ったのかは医学の世界ではわからない
そうです。

「風邪をひく」という言葉が使われるようになったのは


言葉の使い方に詳しい、大東文化大学 山口准教授によると、「風邪を引く」という言葉
使われるようになったのは『平安時代』からだそうです。

887年 平安時代の中期頃、風邪や熱で体調を悪くする人が多く、たくさんの人が命を
落としていたそうです。
なぜ、平安時代に体調を悪くする人が続出したのでしょうか?
そのきっかけは平安時代の家が原因なんだそうです。

どのようにして「風邪をひく」を使うようになったのか


平安時代の家の特徴というと、「家の外周に壁がまったくない」ということです。


今では絶対に考えられないですよね・・・(;^_^A

奈良時代には家に壁があったのだそうです。それが何故、平安時代になり壁がなくなっ
たのかというと、平安時代の人々は四季折々の風景を感じられるように屋敷の中に
庭を作った
のです。そして、美しい庭を家の中から見れるように家の壁をなくした
のだそうです。

この壁をなくしたことが原因で、冬ともなれば壁がないのですから直接体に風が当たり、
体調が悪くなったのです。
・・・というか、考えればわかりそうな事ですけどね・・・平安時代の方ってちょっと
おバカさんなのでしょうか?そこまでして風流にこだわれるのはある意味凄いですけど、
体を壊してたら元も子もないですよね・・・

ということがあり、平安時代の人たちは外気の冷たい風に当たると咳が出たり、熱が
出たりして体調が悪くなると考えたのです。

を体に引き込む」→「風邪を引く」となったのですね。

この言葉が貴族から庶民へ広がり、体に悪影響を及ぼす風→「邪気」と呼ぶようになり、
「風」+「邪」=『風邪』と呼ぶようになったのです。

まとめ


いかがでしたか?
病気は「罹る」、風邪は寒い風を引き込んで「風邪を引く」という違いから呼び方が
違うのだそうですよ。

しかし、平安時代の人たちが壁がなくて寒くても我慢できたのが凄いですし、それを指摘
する人がいないのもどうかと思いますよね。
現代ではどうしても機能重視になりがちですが、女性がおしゃれのためなら寒さも厭わ
ないというのに似ているかもしれませんね。

どちらにしても病気も風邪も引かないのが一番ですね。

Sponsored Link



関連記事

40代以上にはショック!?現代日本から消えゆく物ランキング15位

5月9日(水)フジテレビ「ホンマでっか!TV 」で放送されていました。 『現代ニッポンから消えゆく

記事を読む

「紅葉狩り」があるのに「桜狩り」と呼ばずに「花見」になった訳

日本には春は「桜」秋は「紅葉」といったように四季折々の花や植物を見て楽しむ 文化がありますよね。

記事を読む

栄養がたくさん詰まってる!白菜の「黒いブツブツ」は『ポリフェノール』だった!

寒くなってくると、必然的に温かいお鍋など食べたくなりますよね・・・ お鍋と言えば、『白菜』は欠かせ

記事を読む

日本人なら知っとくべし!様々な製法『日本茶』12種類!

日本人であれば誰もが身近に飲んでいるのではないでしょうか? 緑茶と呼ばれる『日本茶』です。

記事を読む

『のら猫』と『どら猫』の違いとは?これはある行動の違いだった!

国民的アニメ「サザエさん」でお馴染みの歌。 「♪お魚銜えた(くわえた)どら猫~お追っかけてぇ~♪」

記事を読む

3月3日はひな祭り!「お内裏様」と「お雛様」の正体にほとんどの人が勘違い!?

3月3日は『ひな祭り』。女の子のためのお祭りですよね。 お雛様を飾って、桃の花や桜餅、ちらし寿司や

記事を読む

幸福の象徴『おかめ』と『おたふく』のモデルは別々の女性だった!

日本で『おかめ』と『おたふく』と言えば、ふっくらとした昔の日本のふくよか 女性で幸せの象徴と言われ

記事を読む

元々の花見とは『梅』だった!『桜』に変わったのはいつから?

何故か日本人は桜を見るとワクワクし、お花見がしたくなりますよね。 でも、桜の花が咲く前に梅の花や桃

記事を読む

「うな丼」と「うな重」の違いは何!?~TBSこの差って何ですか?~

土用の丑の日やスタミナの付く食べ物と言ったら『鰻(うなぎ)』ですよね! あの甘辛いタレ

記事を読む

寿司屋の寿司用語はどこから来た?実は寿司屋の戦略だった!?

お寿司屋さんに行くと独特な寿司用語が使われていますよね。 実際に使ってみるのはちょっと気恥ずかしい

記事を読む

Sponsored Link



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Sponsored Link



日本ラグビー快進撃はユニフォームにあり!?知られざる秘密とは?

ラグビーワールドカップ2019 日本がスコットランドに28-21で勝利

手元にあるかも!?金額以上の価値がある昭和と平成のプレミア硬貨ベスト5

普段使っている硬貨には時に製造過程の途中でずれて刻印されてしまったり、

「うな丼」と「うな重」の違いは何!?~TBSこの差って何ですか?~

土用の丑の日やスタミナの付く食べ物と言ったら『鰻(うなぎ)』ですよね!

「ワイン」「ビール」「日本酒」独特な注ぎ方の理由!「この差って何ですか?」

大人になると、アルコールを嗜む機会も増えますよね。 王道なアルコ

必見!ブラックボードマーカーの「書けない」「インク漏れ」からの大復活方法!!

最近のカフェやレストラン、店舗の看板などにブラックボードでおしゃれにカ

→もっと見る

PAGE TOP ↑