元々の花見とは『梅』だった!『桜』に変わったのはいつから?

公開日: : 雑学

何故か日本人は桜を見るとワクワクし、お花見がしたくなりますよね。
でも、桜の花が咲く前に梅の花や桃の花なども咲きますし、その他にも花はたくさんある
のに何故かお花見というと”桜”の花に限定されますよね。

気付いた時には”桜”=「お花見」という風に刷り込まれていましたが、いったい
いつから「お花見」は始まったのでしょうか?

お花見はいつから始まったのか


江戸川大学 社会学部の斗鬼 正一教授によると、「お花見」は奈良時代の貴族たちから
始まったそうです。

奈良時代に中国に遣唐使が派遣された頃、中国の貴族が「お花見」をしていた
そうです。
その当時、日本にはお花見をする文化はなかったのですが、それを見た遣唐使の
人たちが
日本に伝えたと言われています。

花見は元々何の花から始まったのか


しかし、遣唐使が見た中国の貴族たちは”桜”ではなく”梅”の花でお花見をしていた
そうです。
なので、日本に伝わった当時は”梅”の花でお花見が行われていたのですね。

日本の貴族たちはわざわざ山に生えている梅の木を屋敷に植え替えてお花見をした
そうです。

この時代の万葉集には、”桜”の歌が43首、”梅”の歌が110首と、


圧倒的に梅の歌が多く詠われていたのです。
いかに梅の花に注目がいっているのかがわかりますよね。
当時の貴族の間では”梅”のお花見が流行していたのです。

いつから”桜”のお花見に変わったのか


では、一体いつから”桜”の花で「お花見」がされるようになったのでしょうか。

日本で最初に”桜”のお花見をした人は『嵯峨天皇』だそうです。

当時の天皇は京都の御所から出られる事はめったになかったのですね。
それが平安時代811年のある日、久しぶりに外に出られることになった天皇は外出を
とても楽しみにしていたそうです。

牛車を走らせていると、自主神社に咲いていた桜の花にいたく感動した天皇はしばらく
その場で桜を見続けます。

その後、走り出してはまた引き返させ桜を見るということを繰り返していたそうです。

あまりの桜の美しさに感動した天皇は、当時流行っていた「お花見」を『これからは、
梅では
なく桜の花でお花見をしよう』といったそうです。

そして、翌年の812年に初めて桜の花でお花見をしたと言われています。

その後、嵯峨天皇の子である「仁明天皇」によって京都御所の梅の木が桜に植え替え
させられ桜の花のお花見が定着していったと言われています。

平安時代の古今和歌集には”桜”の歌が70首に対して”梅”の歌が18首

増えていることからも桜の花の注目度が良くわかりますよね。

まとめ


いかがでしたか?
お花見というと”桜”しか思いつきませんが、始まりは梅の花だったのですね。

当時はそれが流行だったにもかかわらず、嵯峨天皇に”梅ではなく桜のしよう!”と
言わしめるほどの桜の花の魅力は昔も今も変わらないのでしょうね。
桜が満開に咲き誇っている姿はいつまでも見ていたくなりますよね。

桜に関する関連記事はこちらです。興味のある方は是非どうぞ!
「日本三大、五大桜」の開花時期、アクセスを要チェック
日本の心「桜」12品種 開花時期を知ってお花見を長く楽しもう
日本の五大桜 北本石戸の蒲ザクラ しだれ桜 寒緋桜 見どころ満載

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

Sponsored Link



関連記事

振袖と留袖の違いは?独身女性が振袖を着るようになった訳は恋愛感情?

日本の伝統的な服装といえば、着物ですよね。 今では普段から着物を着ている人はほとんど見かけなく、結

記事を読む

『出前』と『宅配』には明確な差があった!TBSテレビ「この差って何ですか?」

食べに行くのはめんどくさいけど、作るのも億劫。 誰かお客さんが来た時のおもてなしとして家で料理が食

記事を読む

男の子の名前『次郎』『二郎』や『太郎』『一郎』の違いや順番と意味は?

名前と言えば、様々な意味や思いを込めて名付けることが多いのではないでしょうか。 今現代でこそ、

記事を読む

「紅葉狩り」があるのに「桜狩り」と呼ばずに「花見」になった訳

日本には春は「桜」秋は「紅葉」といったように四季折々の花や植物を見て楽しむ 文化がありますよね。

記事を読む

地名の「大阪」と名前の「大坂」「さか」の違いは縁起が悪かったせい!?

日本の地名の「大阪」と名前でよく使われる「大坂」。 同じ”おおさか”の「さか」でも”こざとへん”の

記事を読む

『あぐら』と『正座』の使い分け 正座を作ったのはあの人だった!

現在、目上の人などの前では『正座をする』というのが常識というか礼儀ですよね。 もし、目上の

記事を読む

「お焼香」「お線香」はいつ出来た?2つの使い分けの違いとは?

「仏壇で拝む時」「お墓参り」の時はお線香を使いますよね。でもお葬式の時には 「お焼香」を使いますよ

記事を読む

幸福の象徴『おかめ』と『おたふく』のモデルは別々の女性だった!

日本で『おかめ』と『おたふく』と言えば、ふっくらとした昔の日本のふくよか 女性で幸せの象徴と言われ

記事を読む

「ワイン」「ビール」「日本酒」独特な注ぎ方の理由!「この差って何ですか?」

大人になると、アルコールを嗜む機会も増えますよね。 王道なアルコールといえば・・・ 『ワイン

記事を読む

必見!その考えはもう古い!?昔と今で大きく変わった「防災常識」

昨今、色々な自然災害が起こり、各地に被害が出ているニュースを聞くことも多い ですよね。 猛暑

記事を読む

Sponsored Link



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Sponsored Link



コロナウイルスを撃退!手洗い、マスク、除菌など出来る自己防衛⑤選!

今は世界規模で新型コロナウイルスと人類との戦いが続いています。 先日

日本ラグビー快進撃はユニフォームにあり!?知られざる秘密とは?

ラグビーワールドカップ2019 日本がスコットランドに28-21で勝利

手元にあるかも!?金額以上の価値がある昭和と平成のプレミア硬貨ベスト5

普段使っている硬貨には時に製造過程の途中でずれて刻印されてしまったり、

「うな丼」と「うな重」の違いは何!?~TBSこの差って何ですか?~

土用の丑の日やスタミナの付く食べ物と言ったら『鰻(うなぎ)』ですよね!

「ワイン」「ビール」「日本酒」独特な注ぎ方の理由!「この差って何ですか?」

大人になると、アルコールを嗜む機会も増えますよね。 王道なアルコ

→もっと見る

PAGE TOP ↑