便利な文房具の知恵袋5選 消せるボールペンの文字復活方法など

公開日: : おすすめ, 生活, 雑学

文房具って日常の中で、日々使うものですよね。
今は100均などもあり、手軽に手に入るので「ダメになったら買い替えればいいや」
という人も多いかもしれません。

でも、ちょっとした工夫で使えるようになるのであれば、それに越したことはないです
よね。

日本テレビ「ZIP」で放送していた文房具で役立つ知恵をご紹介したいと思います。

①切れなくなったハサミの復活方法


刃がこぼれて切れ味の悪くなったハサミって切っていてちょっとイラッとしますよね。

そんな時は、アルミホイルを10枚程重ねたものを何回か切ってみましょう。
すると、アラ不思議切れ味が良くなるんです。

これは構成刃先という現象でアルミホイルを切ることでその切りくずがハサミのキズ
の部分に入り込んで修復してくれるというものです。

②油性マジックのキャップを閉め忘れたときのインクの復活方法


つい、”キャップを閉め忘れて放置してしまった!”なんてことはありませんか?

すると、”インクはあるはずなのに書けない!”と困ったことになりますよね。
その度に捨ててしまうのはもったいないです。

マジックの中にはインクと溶剤が入っているのですが、キャップを閉め忘れると
溶剤だけが蒸発してしまい書けなくなるのです。

なので、これを復活させるには溶剤の代わりになるものを入れてあげることなんですね。
溶剤の代わりになるものは・・・マニキュアを落とすのに使う『除光液』なんです。

この除光液をキャップの中に半分ほど入れフタをして逆さに立てて置き10分ほど
置いておきます。すると、ビックリするぐらい書けるようになりますよ。

因みに水性マジックの場合は『除光液』の代わりに『ぬるま湯』でやってみましょう!

③布地に名前を書くときににじんでしまうのを防ぐ方法


新学期になると色々なものに名前を書かなくてはいけませんよね。
でも、上履きや雑巾など名前を書くとにじんでしまうことありませんか?

この布に名前を書くとにじんでしまうのは毛細管現象といって糸の繊維にインクが
沁みてにじんでしまう現象です。

なのでこれを防ぐには名前を書く場所をチョークで擦るのです。
チョークの粉が布の繊維の中に入ってコーティングされ、インクがにじむのを防ぎます。

④折れたクレヨンの復活方法


小さなお子さんがいるおうちではクレヨンを良く使いますよね。
でも、このクレヨン使っているうちに小さくなったり、折れたりしてしまい使いづらく
なってしまいますよね。

これらの小さくなったクレヨンは筒状にしたアルミホイルの中に入れて湯せんで溶かす
のです。溶けたら氷水で冷やし固めるとまた一つの塊になり、クレヨンとして使えます。

クレヨンの主成分は「ロウ」なので溶かして冷やすと固まるのです。

アルミホイルだと形がボコボコして嫌な人は溶かしたクレヨンを好きな型に流しても
いいですね。オリジナルクレヨンが出来ますよ。

⑤消せるボールペンの復活方法


インクの文字をラバー部分で擦ると消える『消せるボールペン』が使われていますよね。

これはラバー部分と紙を擦ることにより摩擦熱が発生し、その熱で特殊なインクを
透明化
させるのです。
透明化させるには60℃以上の熱が必要なのですが、直射日光などでも文字が消えて
しまうことがあるのです。

「えぇ~~!!」ってなりますよね。
消そうと思ったわけでもなく大事な文字が消えてしまっていたら”ショック!”どころでは
ありません。

でも安心してください!
消えてしまった文字を復活させる方法があるのです。

それは消えてしまった部分にスポーツなどで冷やすときに使う『コールドスプレー』を
吹きかけるのです。

すると消えてしまったと思っていた文字が再び浮かび上がります。

これは消せるボールペンの特徴に
●約60℃以上・・・・無色
●約マイナス20℃以上・・・・色が戻る
というものがあるからなのですね。

もし、大事なメモを消してしまい青くなってしまった時など是非、思い出してやって
みて下さい。

まとめ


いかがでしたか?

知っていると便利な文房具の知恵袋をご紹介しました。
是非、お役に立てばと思います。

Sponsored Link



関連記事

夏バテ防止!苦くないゴーヤの見分け方と栄養効果 衝撃!完熟ゴーヤとは

ゴーヤと言えば、沖縄の郷土料理で有名な「ゴーヤチャンプルー」ですよね。 しかし、初めて見た時には衝

記事を読む

『きゅうり』に最強のダイエット成分が発見!食事制限なしで痩せる!!

『ダイエット』全ての女性にとっては永遠のテーマですよね・・・ でも、ダイエットって自分

記事を読む

『ごま油』色の違う2種類の違いは?それぞれに向いてる料理の使い方

『ごま油』というと、中華料理などで多く使われるイメージもあり、香りが良く、 とても食欲をそそります

記事を読む

冷え性対策!その重い冷え性の原因は『ゴースト血管』あなたは大丈夫!?

冬が近づいてくるとおよそ8割りの人が冷え性で悩んでいると言います。 靴下を重ね履きしても、手袋をし

記事を読む

糖質制限を長期間続けることによる危険性!老化がすすむ?寿命が縮まる?

2003年頃からダイエットとしてもブームになっている『糖質制限』ですが、 この糖質制限を長期間に渡

記事を読む

宇野選手のネックレス「コントラッテ」抜群の効果!

平昌冬季オリンピック、男子フィギュアスケート 羽生結弦選手金メダル、宇野昌磨選手銀メダル、見事でし

記事を読む

女性ホルモンに似た働きを持つ毎日でも食べたい神食材ベスト6

私たち女性の体には2種類の『エストロゲン』(卵胞ホルモン)『プロゲステロン』 (黄体ホルモン)と

記事を読む

一度食べても再生野菜 節約、美味しく良いことずくめ!

去年の悪天候のせいで野菜が不作となり、ここ最近の野菜の高騰が止まりませんよね。 キャベツ、大根

記事を読む

四つ葉のクローバーいつ日本へ?何故幸せの象徴と呼ばれる?

公園や広場で生えているのを見かけると、つい四つ葉のクローバーを探してみたく なりますよね。四つ葉の

記事を読む

スマホの使い過ぎで脳機能低下!?『スマホ認知症』チェック!日テレスッキリ

最近”漢字が書けなくなった””やる気がわかなくなった”何て事はありませんか? 実はそれ・・・

記事を読む

Sponsored Link



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Sponsored Link



コロナウイルスを撃退!手洗い、マスク、除菌など出来る自己防衛⑤選!

今は世界規模で新型コロナウイルスと人類との戦いが続いています。 先日

日本ラグビー快進撃はユニフォームにあり!?知られざる秘密とは?

ラグビーワールドカップ2019 日本がスコットランドに28-21で勝利

手元にあるかも!?金額以上の価値がある昭和と平成のプレミア硬貨ベスト5

普段使っている硬貨には時に製造過程の途中でずれて刻印されてしまったり、

「うな丼」と「うな重」の違いは何!?~TBSこの差って何ですか?~

土用の丑の日やスタミナの付く食べ物と言ったら『鰻(うなぎ)』ですよね!

「ワイン」「ビール」「日本酒」独特な注ぎ方の理由!「この差って何ですか?」

大人になると、アルコールを嗜む機会も増えますよね。 王道なアルコ

→もっと見る

PAGE TOP ↑