「お焼香」「お線香」はいつ出来た?2つの使い分けの違いとは?

公開日: : 生活, 雑学

「仏壇で拝む時」「お墓参り」の時はお線香を使いますよね。でもお葬式の時には
「お焼香」を使いますよね。
この「お線香」「お焼香」の使い分けの違いは何なんでしょう?

TBSテレビ「この差って何ですか?」で放送されていましたのでご紹介したいと思い
ます。

「お線香」も「お焼香」も仏様や亡くなった方を拝む時に自分の身やその場を清めたり
する行為なのです。
元々は「仏壇を拝む時」も「お墓参りの時」も「お葬式」と同じく「お焼香」を使って
いたのだそうです。

お焼香とは


お焼香は飛鳥時代に中国から日本へ伝わり、お経をあげたり、お墓参りをしたりと仏事
では全て「お焼香」を使っていたのです。

白檀や沈香などの”香る木”→「香木」を粗く砕いたものが「お焼香」なのです。

お線香とは


お線香は飛鳥時代から約1000年後の安土桃山時代に生まれたのです。

お線香とお焼香は形は違いますが、原料は一緒なのです。
お焼香をパウダー状にしてつなぎとなる「タブノキ」の粉末を混ぜ、お湯を入れて
45分練り、粘土状になったら細い穴から押し出します。あとは均等にカットして、
乾燥させるのです。

お線香はどうやって誕生したのか


安土桃山時代前までは全ての仏事に「お焼香」を使っていたのです。
しかし、お寺の住職は「お焼香はすぐに燃えてなくなってしまうから、長いお経の間
ずっと燃やし続けるのはとても大変!」と思っていたのです。

お焼香の煙が出るのは一つまみ1分程と短く、大変だったのですね・・

”お焼香の代わりに煙や香りが長く出続けるものがないか”と薬商人に相談をしたの
です。そんな中薬商人が漢方薬を仕入れるために朝鮮半島へ向かいます。
そこで、竹芯香(ちくしんこう)という細い竹に香木の粉末を塗り付けた棒状のもの
を見つけます。

それは一度火を付けたら長時間燃え続けるアジアの寺院で使われて
いるものだったのです。

薬商人はこれを日本へ持ち帰りましたが、竹芯香は燃やすと中の竹が焦げた臭いが
して
しまい室内で使うのには向いてなかったのです。


悩んだ末に薬商人は中の竹なしで固めてみよう!と今のお線香を考えたのです。

すると、香木とつなぎのタブノキを合わせて作っているので、お焼香よりも安く
作る
事が出来たのです。
長い時間燃え続けて値段の安い「お線香」は瞬く間に庶民の間に広まったのです。

そして、日常的な仏事にはお線香を使うようになります。
お通夜やお葬式では直接亡くなった方に拝みます。
便利さや経済性を追求した「お線香」ではなく、「お焼香」をあげて供養するのが
本来の形であり、お葬式では現在でも「お焼香」をあげる作法が残っているのですね。

まとめ


いかがでしたか?

お焼香は飛鳥時代から、お線香は安土桃山時代から始まり、長時間燃え続けて値段
安いお線香は日常的に、亡くなった方を直接供養するお葬式やお通夜では本来の
お焼香をあげるのですね。

お焼香もお線香も同じものであり、自身や場を清める行為だという事を忘れずに
お線香をあげる機会がありましたら思い出して見て下さい。

お付き合いいただきありがとうございました。

Sponsored Link



関連記事

お彼岸 墓参り仏壇に手を合わせる時の作法やしきたり ”この差って何ですか?”

日本には春と秋と『お彼岸』があり、春は3月21日頃の春分の日の前後3日の 7日間、秋は9月23日頃

記事を読む

花嫁必見!結婚式の「ウエディングドレス」と「お色直し」の意味とは?

「ウエディングドレス」純白のドレスを着て結婚式を挙げる。 女性なら誰もが憧れるシーンですよね・・・

記事を読む

灯油をこぼした!臭いを取って落とすには

突然ですが先日、息子が灯油を被って帰って来ました(-_-;) 学校で灯油を入れる係だっ

記事を読む

タオルのゴワゴワこれが原因だった!コツを掴んでふわふわに!

洗濯物、毎日欠かせないお仕事ですよね。 毎日使うもの、身に着けるものだからこそ、ふわふわ、いい匂い

記事を読む

必見!その考えはもう古い!?昔と今で大きく変わった「防災常識」

昨今、色々な自然災害が起こり、各地に被害が出ているニュースを聞くことも多い ですよね。 猛暑

記事を読む

糖質制限を長期間続けることによる危険性!老化がすすむ?寿命が縮まる?

2003年頃からダイエットとしてもブームになっている『糖質制限』ですが、 この糖質制限を長期間に渡

記事を読む

梅雨の時期は危険!正しい「お米」の保存方法&「再精米」古米の復活方法

日本人は「お米」を主食としているので一年中、常に常備していますよね。 お米の保存方法はどうして

記事を読む

灯油、ガソリン、軽油、の違いと使い分けについて

寒い冬になるとストーブやヒーターが必需品ですよね。 ガソリンスタンドで灯油を買いに行く機会も増

記事を読む

女性ホルモンを増やす!?食事や生活習慣でのコントロール方法!

女性はいくつになっても綺麗でいたいものですよね。そんな女性にとって切っても 切り離せないのが『女性

記事を読む

シワシワになりにくい!ミニトマトの長期保存方法の仕方

サラダやお弁当の色どりに欠かせないミニトマト。 1日2日で食べきってしまうのなら何も問題はないので

記事を読む

Sponsored Link



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Sponsored Link



コロナウイルスを撃退!手洗い、マスク、除菌など出来る自己防衛⑤選!

今は世界規模で新型コロナウイルスと人類との戦いが続いています。 先日

日本ラグビー快進撃はユニフォームにあり!?知られざる秘密とは?

ラグビーワールドカップ2019 日本がスコットランドに28-21で勝利

手元にあるかも!?金額以上の価値がある昭和と平成のプレミア硬貨ベスト5

普段使っている硬貨には時に製造過程の途中でずれて刻印されてしまったり、

「うな丼」と「うな重」の違いは何!?~TBSこの差って何ですか?~

土用の丑の日やスタミナの付く食べ物と言ったら『鰻(うなぎ)』ですよね!

「ワイン」「ビール」「日本酒」独特な注ぎ方の理由!「この差って何ですか?」

大人になると、アルコールを嗜む機会も増えますよね。 王道なアルコ

→もっと見る

PAGE TOP ↑